『クリスマス2020』中止のお知らせ

時事ネタ
スポンサーリンク

残念ながら今年はクリスマスを中止します。

理由は、察しの通り、感染症の拡大です。

今年はサンタのおじさんの入国を禁止。

各国を周り、各家庭を訪れるサンタさんは感染のリスクが高すぎます。

サンタ協会からの申し入れもあっての決定事項です。

サンタさんのおもちゃ工場でも陽性者が出てしまったそうなので

まだ、クラスターは確認できていないそうですが、全作業員の2週間自宅隔離を行うそうです。

楽しみにしていた子供たちには悪いニュースですが、この時期に2週間、おもちゃ工場の生産を止めるとクリスマスには間に合いません。

サンタ協会からの通達の全文を引用します。

親愛なる子供たちへ

Merry Xmas!!

約1600年の歴史で初めて、クリスマスにプレゼントを配ることを中止することを残念に思います。

リモートでプレゼントを配れないか、モノではなく、夢のプレゼントを配れないかなど、検討に検討を加えたのですが、残念ながら手立てがありませんでした。

加えておもちゃ工場も停止せざるを得なくなってしまいました。

良い子のみんなから、楽しみを奪ってしまって申し訳ない。

来年はきっとプレゼントを配りに行くよ。だから今年は勘弁して欲しい。

サンタのおじさんたちも高齢で重症化のリスクもある。

正直怖い。

でも良い子のみんなのために、勇気を振り絞り、それこそ命を懸けてプレゼントを配るつもりだった。

本当のところ、感染のリスクを負ってまで、世界中を駆け回るのはどうかと思っていた。

おじさんたちも死にたくはない。

本当に申し訳ないけど察して欲しい。

来年はきっと会えるだろう。

サンタ協会

サンタのおじさんたちがビビって来れないのを察してあげて下さい。

かなり高齢のサンタさんもいると聞いています。

自分の身内に置き換えて考えて欲しい。

個人的には、命を懸けたプレゼントを貰っても後味が悪いと思います。

サンタさんが来ないクリスマスは、クリスマスではありません。

残念ながら中止の方向で調整してください。

加えて、もうひとつ。

国民の皆様は今以上に3密を守って貰いたい。

サンタさんが来ないので街ではクリスマスを中止にしますが、個人的に楽しみたいという方もいると思います。

個人的に開催することまでは国として制限が出来ません。

なので3密対策を充分に行っていただきたい。

クリスマスの3密は、特別仕様です。

  • 恋人同士で密着しない。
  • 密室でイチャイチャしない。
  • 密会しない。

密着、密室、密会を禁止します。

どうしてもクリスマス時期は人肌が恋しくなってしまいます。

でも今年は密着を避けて貰いたい。

具体的には素肌が触れ合わないようにして欲しい

いやっ、別に羨ましくて作ったルールではありません。

感染症対策です!!

絶対に恋人の前で服を脱がない、脱がさない。

そして、密室。

どうしても密室に恋人同士が籠るとイチャイチャしてしまいます。

なので政府としては、クリスマスの特別警戒で3密を回避するために日本中のラブホテルを閉鎖要請を出します。

ラブホテルだけじゃなく、全部の宿泊施設にも要請をします。

こちらは、いかがわしい行為以外にも利用する方がおられるので閉鎖要請は行いません。

営業をする場合は、窓、ドアは開けっ放し。1部屋に2人以上の宿泊禁止を条件とします。

最後に。

これは国民の皆様の品位に関わることです。

決して、密会は行わないで下さい。少人数、具体的には二人以外で会ってはいけません。

この要請については、現在調整中ですが、恋人同士で密会をすると、破廉恥な行為に及ぶ確率が高くなってしまいます。

破廉恥な行為とは、具体的には私の口からは申し上げられません。

でも今、あなた方の頭の中に浮かんだ行為で間違いはないと思います。

ご想像にお任せします。

人類史上、稀有なことなので、皆様の協力が必要です。

しっかりと感染症対策を行っていただきクリスマスを楽しんでもらたい。

緊急会見の模様をお伝えしました。

現場からは以上です。

ーーー

クリスマスに「栗とリス」をいじってやろう。

なんて思っていたゲスな男子諸君!!

残念。

正月の栗きんとんまで自粛したまえ。

そして、例年通り、クリぼっちを送る予定のレディースアンドジェントルマン、ボーイアンドガールズ!!

今年はみんな、クリぼっちだ!!

お前たちの時代が来た!!

リモートクリスマスじゃ、プレゼント交換もできない。

リア充は何も出来ない!!

なんてね。

ーーー

妄想をしていたら正式にクリスマス中止だって

全力で拡散してください

今年のクリスマスは何するかなあ。

ではでは。

時事ネタ

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました