子育ての目標は『自立』

スポンサーリンク

僕は中学3年生の息子と小学4年生の息子がいる。同じ親から生まれたのに性格や体格がまったく違う。ただ顔は間違いなく、僕のDNAを引き継いでいるので、間違いなく僕の息子だと思う。その二人の育て方について悩むことがある。

上の息子は、自分で考えて、やりたいことを見つけた。僕は中学生のときなんて何も考えていなかったので、すでに親父越えをされた。変な話、この子は小学校に上がる前から、何をするにも「自分で考えなさい」と教えてきた。考えるためのヒント、モノゴトの原理原則を教えて、できるまでグッと我慢して、手も出さなかったし、口も出さなかった。

初めての子育てだったので、その方法が合っているのかなんて分からなかったけど、やっと最近になって、間違っていなかったと思えるようになってきた。生徒会長がやりたいからとやってみたり、高校も幼稚園から続けているサッカーをするのではなく、学校の先生になりたいから、サッカー部が弱くても行きたい学校に進学をするらしい。

我が子ながら、良くできた男になったと思う。まだまだ、成長期に入ったばっかりでチビだけど、ちゃんと考えて生きるようになった。

反対に下の子は、何でもすぐにできるので、ほったらかしにしてきた。運動も勉強もしているようではないんだけど、勘が良いというか、モノゴトの原理に気づくのがはやい。妻からすると何でもできる弟の方より、何もできない兄の方が心配らしいけど、僕からすると弟の方が心配だ。

兄弟でも違う性格

同じ親から生まれた兄弟なのに運動神経も、体格も考え方も全然違う。違うのは個性何で理解はしている。僕も弟がいるけど、考え方も、成長の速度も違うから分かっているつもり。なので、同じ兄弟なのに扱い方を変えないといけないと思っている。

兄は、僕の小さいときに似ている。僕よりは、ひどくはないけど何もできない。何かをするときは失敗することから始まる。なので、考えるためのヒント、理由を説明してきた。例えば「勉強のやり方」「スポーツが上手くなるコツ」を教えている。

直接、答えは教えず、答えを見つける方法を教えている

こいつは、努力型の天才になる素質がある。と思っている。正しい努力を続けて行くしか生きて行く道がない。だんだんと自分で考えて、答えを見つける方法が身についてきたと思う。

それに対して弟は、何をしても、すぐに見につく天才肌。何も考えなくても出来てしまう。僕が危惧しているのは、この子は言われたことは、何でも、できてしまう。他の親からすると「手がかからなくて良い子」だと思われているけど、これからの人生は大変なことになると思っている。

なので、僕は、どうして成功したかを考えさせている。理由を考えることの大事さを教えている。上手くいく理由が分かれば、失敗をしたときにも理由があることが理解できるようになると考えているから。

弟のような天才型は挫折に弱い。失敗が少なく、周りからも成功して当たり前だと思われてしまい、天狗になってしまう傾向がある。さらに周りからの期待が大きくなり、プレッシャーに感じて失敗を怖がるようになってしまう。僕はそんな人間が近くにいた。

なので兄とは違うアプローチで子育てをしている。

子育ての究極の目的は『自立』

僕は息子たちを「社会で生きて行けるように育てよう」と思っている。誰かに依存しないで生きて行けるようになって欲しいと思う。会社に依存しないと生活ができない大人にはなって欲しくない。誰かの指示がないと動けない大人にはしたくない。

最近、息子たちの親を見ていると「子供を自立させたい」なんて言っているけど、実際は子供を自立させているのではなく「大人にとって都合の良い子供」になってもらおうとしている。勘違いしている親たちに自立して何をして欲しいかを聞くと思い通りに行動して欲しいだけじゃん。なんて思う。

例えば「朝ひとりで起きて学校の準備をして欲しい」とか「何も言わなくても勉強をして欲しい」、「文句を言われる前に何でもする子」なんて回答がくる。そして、そのために何をしているかと言うと「あれしろ、これしろ」って口出ししているんだよね。さらに、手を出して手伝ったりしている。

それって自立じゃないんだよね。指示を出している。方法を教えちゃっている。子供は何も考えていない。考えているとしても「怒られないように」やることなんだよね。

本当の自立って「自分で考えて、行動して、責任を取ること」なんだよ。自由に考えて好きなことをするのが本当に自立だと思う。なんか難しいけど。

会社に言われたからやったなんて考えているから、失敗をしても会社のせいにするじゃん。それと一緒で「ママに言われたからやったのに、失敗した」って他人のせいにするよ。それが続くと自分で考えることをしなくなる。

そして、大きくなって「さあ、今日から自由だ。自分で考えて好きなことをやってごらん」なんて言われると何にも出来ないんだって。小学生、中学生ならまだ良いよ。でも、高校生になって、将来どうする? ってときに「自由に考えろ」なんて言われても無理だって。今までやってこなかったんだから。

大学進学もそうだし、就職だってそうだよ。きっと今の子供が働く頃って今と違う働き方になっている。言われたことをするのは、AIだよ。ロボットだよ。そうすると生きるためには考える仕事ができないと困る。

僕は息子たちが将来困らないように「自分で考えて行動をする」ように育てたいと思っている。それが正解かは分からないけどね。

ではでは。

子育て

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました