家事や子育てに完璧を求めてしまうワーママが「疲れた」と感じたら

子育てをラクにする
スポンサーリンク

仕事に家事、さらに子育て・・・。

働きながら子育てをするのは、どんなに能力があり、要領が良い女性でも簡単なことではありません。

普段から上手にストレスを発散させ、いつも落ち着いていた女性でも、仕事に加え、家事に子育てをすると、忙しすぎてイライラしたり、子供にあたってしまうなんてことがあります。

働きながら子育てをするのは、とても大変なこと

テレワークや時短、育児休暇など少しずつワーママを取り巻く環境は改善されていますが、まだまだツラいというのが本音ではないでしょうか。

最近の日本でも共働きの家庭が増えてきましたが、家事や子育ては女性がするのが当たり前だと思われている傾向がありますよね。そんな考えがワーママのストレスになってしまいます。

女性として「いつも笑顔でいたい」という気持ちはあるのですが、疲れたと思うときだってありますよね。

共働きのワーママが家事や子育てに疲れたときはどうすれば良いのでしょうか。

ワーママが疲れた時の解決方法
  • ひとりで悩まない
  • 完璧を求めない
  • ひとりの時間を作る

頑張ることも大切ですが、しっかりと疲れを取ることが大切です。共働きママが子育てに疲れたと感じたときの解決方法を紹介します。

共働きで子育てに疲れた

共働きのワーママって本当に大変。仕事から帰っても、家事に子供のお世話・・・。本当に休まることはありません。

共働きママで仕事や家事、子育てに疲れたと感じる人の多くは、非常に責任感が強く、全てを完璧にこなして当たり前だと考えている傾向があります。

仕事に家事、子育て、全てを完璧にこなすことは理想的だし、本当にかっこ良いことだと思いますが、どんなに要領がよく、能力が高い方でも難しい挑戦なのです。

子育てに疲れたと思ったら、しっかりと休むことが大切です。

頑張っているワーママが疲れたと思ったときはどうすれば良いのでしょうか。

協力を求める

子育てや家事の問題は、ひとりで悩んでいても、なかなか解決できる問題ではありません。身近なパートナー、実母などに相談をし、協力をしてもらいましょう。

まずはパートナーに相談

お互いに働いている共働き夫婦であれば、まずは、パートナーに相談をしてみましょう。責任感の強いワーママの特徴として、なかなかパートナーに相談できない人が多いようです。

ひとりで抱え込まずにツラいときはツラいとはっきりと伝え、子育ての悩みを相談しましょう。

実は、ワーママが抱えている家事や子育ての悩みにパートナーが気づいていないと言ったケースも多々あります。相談することであなたの悩みを共有し、協力をしてくれるようになるハズです。

家事や子育てを完全に分担することは難しくても、休日は子供の面倒をお願い出来たり、買い物、洗い物など偏っている家事の負担を防げるようになるかもしれません。

少しでも早く相談をしてパートナーに家事や子育てに協力をお願いしましょう。

勇気を出して相談することはパートナーとの関係の改善にもつながるのではないでしょうか

親に相談する

親は、自分の子どもが悩んでいれば、力になりたいと思うものです。例え、実家から離れていても、家事や子育ての相談、お手伝いをお願いしてみてはいかがでしょうか。

親としても娘に頼られて悪い気はしません。母親ならば、自分を育ててくれた経験もあり、色々なアイデアや解決策を持っていると思います。

実際に、私も2人目の妊娠中、産後のときは母親に家事、上の息子の面倒を見てもらい、とても助かりました。

結婚をして家を出たといえ、親は親です。少し甘えさせて貰いましょう。

プロにお願いする

現在は、家事代行サービスと言ったサービスを提供している企業がたくさんあります。

「仕事と子育ての両立に疲れた」「少し休みたい」「周りのサポートを期待できない」ときは家事代行サービスの利用を検討しましょう。

家事代行サービスでは、掃除、洗濯、食事の準備、買い物の代行など、幅広い家事をサポートしています。

家事代行サービスを利用するのは、ママとしての仕事を放棄するようで抵抗があるという人もいます。ですが、そういう人こそ発想の転換をしてみましょう。

そのまま頑張り続けても、疲れて何もかもが中途半端になってしまっては元も子もありません。

もっと自分に寛容に、便利なサービスを上手く活用しましょう。

家事代行・家政婦サービスの『CaSy』は料金の安さと品質の高さを兼ね備えたサービスです。万人におすすめです。今なら初回お試しプランがあるので、チェックしてみてください。

家事代行・家政婦サービス【CaSy】の公式HPを見る

完璧を求めない

家事や子育てに疲れたと思ってしまうワーママの多くは、真面目で責任感が強く、完璧を求める傾向があります。

家事や子育てを完璧にこなすのは、本当にかっこよく、凄いことだと思います。でも、実際には、ほとんど不可能に近い挑戦なんです。

仕事だけでも大変なことなのに、家事をしながら、子育てを両立させようとするとハードルは一気に上がってしまいます

共働きママは、毎日、食事の用意をするだけでも、かなりの重労働なんですよね。仕事帰りに買い物、料理、そして、後片付け・・・。

大前提としてですが、仕事と子育ての両立を完璧にできる人はいません。

なので「今日は食事の準備が出来なかった」「子供の話を聞いてあげられなかった」と出来なかったことを責めるのではなく、出来たことを褒めてみましょう。

自分を褒めることができれば、少しは気持ちがラクになるのではないでしょうか

自分のルールを少し緩め、完璧を求めることをやめれば、心に余裕が生まれます。

ひとりの時間を作る

子供が産まれる前までに自分の時間を大切にしていた人は、特に感じていると思いますが、仕事に家事、そして子育てまでしていると、自分の時間は、ほぼなくなってしまいます。

忙しさに追われながらも全てを完璧にこなそうとすると気づいたときには「子育てに疲れた」と感じてしまいます。やることが増えているので、ストレスが溜まり、疲れたと感じるのは当たり前です。

疲れたと思う前に、家事代行サービスを利用するなどして、ひとりになる時間を作り、家事や子育てから少し離れてみましょう

共働きママでは、リラックスできる時間は限られますがワーママが疲れたときは少しでも自分の時間を作れるようになれば、子育てのストレスを緩和できるハズです

共働きママが子育てに疲れたと感じたら

共働きママが子育てに疲れたと感じたときの解決策はいかがでしたでしょうか。

全てを完璧にこなすことは不可能なんだと認識をし、上手に息抜きをしましょう。大切なのは、ひとりで悩みを抱え込まずに、周りに相談すること。そして、上手くストレスを発散できる環境を作ることです。

仕事と子育の両立の悩みは、ほぼ全てのワーママが抱えており、自分だけの悩みではないということを心に留めておいてくださいね

この記事が、仕事と子育ての両立に悩まれているワーママにとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました