テレワーク終了のお知らせ

スポンサーリンク

ここ最近、ニュースやネットで盛んに騒がれているテレワーク。会社に行かず、家で仕事をするなんてサラリーマンにとったら夢のような話ですよね。

コロナ渦でテレワーク、在宅勤務へとシフトするのが大きな流れのようになっています。世間の流れに逆行するんですけど、僕個人的にはテレワークは終わりです。

通勤がないので、時間的にも精神的にも余裕が出来ます。でも、僕には向いていない。

テレワークと言う働き方が一般的になり、在宅で仕事をすると言う選択肢が増えたことはサラリーマンとしては嬉しい限りです。実際、オフィスでの仕事は環境さえ整えればパソコンがあればリモートで行えます。

コロナ渦でテレワークをすると話が出たときは新鮮でした。でも自宅で仕事が出来る環境を作って、それが日常になって冷静に考えてみると全然、快適じゃない。

むしろ、プライベートと仕事の境界が無くなり、不快にすら感じます。なのにテレワークを絶賛するような記事が多くてビックリします。テレワークは効率が悪いよ。仕事に対するモチベーションなんてダダ下がり。

在宅勤務でテンションが上がる訳ないじゃんね。

テレワークのメリット

テレワークのメリットもあります。テレビやネット上で絶賛されているので、メリットについては聞いたことがあると思います。例えば、通勤時間がなくなり自分の時間が持てる。とか、外出するための準備がいらないなどなど。

さらに僕的にはメリットじゃないんだけど他人との関わりが少ないなんてのもメリットとして挙げられていた。

確かに家族といる時間が長くてコミュニケーションが多く取れたのはテレワークのメリットだっだと思います。でも、それだけ。

テレワークのデメリット

テレワークを経験して、自宅で仕事をすることが日常になるとデメリットに気づき始めました。良く言われるプライベートと仕事の境界が無くなるなんてこともあるけど、それは僕自身の考え方でどうにでもなった。

僕ひとりではどうにもならなかったのは、希薄になる人間関係。他人との関わりが煩わしいと思う人にとってはメリットかも知れないけど、僕にとっては大きなデメリット。

毎日、会社に行って他の社員と些細な無駄話をすることでお互いの考え方や意見を交換するのは、一緒の目的を達成するためには必要。

会社で馴れ合いの関係は必要ないと思います。でも同じ目的を持っているヒトが一堂に集まって仕事をする環境って必要だと認識しました。

与えられた仕事が違うヒトでも、お互いの仕事をこなす中で気づいたことを共有したり、他人の頑張りを近くで見て「俺も頑張ろう」と思たり、そう言う環境って仕事の効率を上げるために必要なんですよ。

テレワークで気づいた

テレワークは貴重な経験でした。この期間がなければ気づかなかったこともあった。僕は真剣に仕事について考えたことが無かったけど、この期間で仕事と本気で向き合えました。自宅と言う小さな閉ざされた空間で家族以外とはほとんどコミュニケーションを取らず、コツコツと仕事をこなしてみました。

他人との距離を取ることで、僕には人との繋がりが必要だと言うことに気がつきました。普段は「面倒くせーな」と思うような些細なことでもなくなると面白味がない。

他人と関わることで色々な刺激を受けて、頑張ろうって気になったり、サボろうと気になるんだと思います。

ある程度のストレスは必要

テレワークだとほとんどプレッシャーもストレスもない。過度なストレスは必要ないけど、ヒトとしてノープレッシャーじゃ成長できない。例えば仕事の効率化を図る場合、自分のストレスを軽減するために改善策を考える。現状、何も不便を感じていなければ、改善、成長なんてありません。

文句を言っていた満員電車での通勤だって考えを変えて時差出勤すれば空いている電車で通勤出来るし、色々と解決方法はある。ストレスや面倒くさいことを解決するためには、どうするかを考えることでヒトとして成長できるんだと思います。

テレワークを終了する

テレワークは本当に貴重な経験でした。ひとりで仕事をする限界も見えた気がします。これまでは「わずらわしい」と思っていた関係も僕には必要でした。何気ない会話も大切だったし、他人からの視線も必要なことだと思いました。

テレワークだとそんなことにも気づかない。

今後、コロナ渦がどうなるかは分かりません。収束までには時間がかかるような気がします。そしてテレワークの流れは続くと思います。半年前はテレワークの環境を作れない会社が、テレワークをするために、てんやわんやしました。

約半年でテレワークが行える基盤は整いつつあります。ただ仕事の効率化としては、会社に集まり、一緒に仕事をした方が断然良いと思います。家で仕事をすることはラクでした。でも仕事の効率を考えるとテレワークを終了して、会社に集まった方が良いと思います。

もちろん、テレワークと言う働き方を否定するつもりはありません。働き方のひとつとして、テレワークはありだと思います。

ただ僕はテレワークを終了する。時代に逆行するので間違っているかも知れません。でも、誰とも関わらず、刺激も成長もなかった失われた半年を取り戻すために僕は出社することを選択しました。

今までは当たり前のことだったけど、今は通勤してオフィスに行き仕事をすることが楽しみにも感じてしまいます。しっかりと予防をしながら電車通勤を再開します。テレワークと言う逃げ道を確保しながら、通常勤務を再開します。

ではでは。

仕事

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました