第二話「楽しいクルマ」

ロードスター物語
スポンサーリンク

荷物が少なく、寂しい印象を受ける部屋のベッドから出れない。

ケイスケは、目覚めてから10分以上経っているが、布団の誘惑に勝てない。

社会人になるために引っ越して来たが、縁もゆかりもない土地なので、知り合いがいない。

学生時代は、いつも仲間に囲まれて賑やかな生活を続けていた。

今日は静かな朝だ。そして、起きてもやることがない。

(暇だしバイトでもするか・・・)

日当8,000円 週払い

学生時代に何度かお世話になっている引越し屋のバイト。

3月は引越しシーズン真っ只中で猫の手も借りたいはずだ。電話番号はケータイのメモリに入っている。

お金が必要というより、暇が潰せれば良い。持て余している時間で稼げれば、一石二鳥だ。

---

その日は、朝から雨が降っていた。蕾が膨らみ、もうすぐ開花する桜にとっては恵みの雨。

土日に関係なく毎日、引っ越しのバイトに出かけていたが雨はなかった。

(・・・雨かあ。面倒くせ〜なあ・・・)

現場に着くとドライバーさんから

「おい、兄ちゃん。さっさと終わらせて帰るぞっ!」

「えっ今日、当たりっすか?」

「大当り。シングル、近距離、即降ろし」

「マジっすか? 気合入れてやるっす」

今日のお客さんは、結婚をして同居をすることになったお兄さん。

一人暮らしの家から新居への引っ越し。新居は、電車でひと駅。

男性の一人暮らしの場合、基本的に荷物が少ない。

さらに、これから同居となるとゴミとして捨てるモノが多いので、見積時の半分しか荷物がないなんてこともある。

荷物が少ないのに見積時間が長い、いわゆる「当たり」の現場。

それも近所で移動も楽だし、新居への搬入するのも作業量が少ない。

さっさと荷物を積み込む。トラックに乗せてもらい移動する。

「兄ちゃん、学生か?」

「微妙に学生ではないんですよ。数週間後から社会人です」

(今日のドライバーさんはよく喋るなあ)

「俺、車好きで、この仕事してんだけど、クルマ乗ってんの?」

「自分のクルマないんすよね。何、乗ってるんすか?」

「俺か? R33」

「R33(スカイライン)っすか? 280馬力でしたっけ?」

「マジ、はえーよ。ハチロクから乗り換えたんだけど違う乗り物だよ。重いんだけどしっかりと運べるっつーか。それこそノーマルで280だったのをブーストアップして、いよいよタービン交換するかってとこなんだわ。最終的には380〜400(馬力)で終わりにするつもり」

「ハチロク、乗ってたんすね」

「クルマの運転を楽しみたいなら、最初は軽い車を買った方が良いぜ。間違いなく」

「そうなんすか」

「軽い車に運転を教えてもらう感じ? なんつーか、最初からR33じゃなくてハチロクだったから、運転の楽しさを知ったんだよ」

「へぇ〜」

「最近のハイパワーな車だと運転は上手くならないよ。踏めば、はえーんだから。軽いクルマでパワーがないのをテクニックでカバーするってやっぱ、カッコ良いだよ」

「豆腐屋のハチロクっすね」

「多分、アレが走り屋の憧れなんだよ」

「R33も楽しいんじゃないですか?」

「運転の楽しさはハチロクの方が上だったな。R33は、速さを求めちゃうんだよ。楽しめない、余裕がないって感じ。俺の能力が追いつかないって感じなんだよな。R33の場合、限界がないっつーか、どんどん速くなる。楽しいんだけど質が違う。本当の運転の楽しさはハチロクだったよ」

「運転の楽しさかぁ。奥が深いっすね」

「クルマは良いよ。運転しているだけで楽しいんだよ。こんなトラックでも俺は楽しい」

(運転が楽しいクルマねえ。そんなの考えたことないな・・・)

背の高いトラックの助手席から、周りを走っている車を眺める。

ハッチバック、ミニバン、軽自動車。運転が楽しいクルマには見えない。

R33スカイラインGT-R主要諸元

価格 484.5万円

全長×全幅×全高:4675×1780×1360mm
ホイールベース:2720mm
重量:1530kg
エンジン型式・種類:RB26DETT・直6 DOHC
排気量:2568cc
最高出力:280ps/6800rpm
最大トルク:37.5kgm/4400rpm
トランスミッション:5速MT
タイヤサイズ:245/45ZR17

コメント

タイトルとURLをコピーしました