マジで、それは挫折なのか? 失敗やミスの経験値が低すぎる

自分語り
スポンサーリンク

僕は昔から何かを始めて最初から上手くいったことがありません。

不器用なのかも知れません。

自転車に乗るのも、サッカーも、勉強も、周りの友達が簡単にできることがなかなか上手くできませんでした。

今でもそうだけど、上手くできるようになるまでは失敗の連続でした。

なので、失敗やミスをしても、どうにかなることを経験上、学んでいます。

失敗やミスのベテラン。

たくさんの失敗を通して成長してきました。

失敗をしないためのリスクも管理できるようになったしね。

失敗するのが怖くないと言ったらウソになるけど、失敗やミスは、しょうがない。

失敗しても良いんだよ。

その後にリカバリーができればね。

失敗しないことが一番良いけど、失敗をしたらリカバリーをすること。

次、同じ失敗をしないように失敗から学ぶことが大事。

失敗をしたことがない人間は、一度の挫折でかなり凹む。

小さなミスでもパニックになる。

昔、僕のすぐそばにそんな娘が近くにいました。

完璧な人間でもミスはあるじゃん。

でも、リカバリー方法を知らないとパニックになる。

人間知らないことは怖い。

失敗のベテラン、僕がその娘にアドバイスをして乗り越えられた話。

人生初めての挫折

僕が仲良くなった同期の娘(仮に「奈央」とします)は、誰から見ても完璧なオンナ。

見た目も可愛いし、良い大学を出て真面目。

さらに、仕事もできるし女子たちからも慕われていました。

非のつけようがないオンナ。

ヘタレな僕と偶然仲良くなり、よく飲みに行く仲になりました。

気があったので良く飲んで遊んだ。

でもキスすらなかった。

なんか、不思議な関係。

そんな娘が、失敗をして落ち込んで相談をしてきたんですけど、色々あって相談に乗ってあげられなかったのが、前日の話。

詳しくは以下の記事を読んでください。

僕は、その娘に気があるし、相談に乗ってあげられなかったことが気になり、日曜日の朝7時に連絡を取る。

僕「おはよう。寝てた?」

奈央「う~ん、おはよう、起きてたよ。今何時?」

(完全に寝てたな)

僕「昨日はごめん。なんか昨日、うやむやになっちゃったじゃん。今日話せる?」

奈央「今日、友達と出掛ける。その前だったら話せるよ」

僕「んじゃ。2時間後に奈央の家の近くまで行くよ。電話する」

奈央「うん。ありがと。待ってる」

簡単に説明すると昨晩、飲んでいるときに聞いた話だと会社でミスをしてしまい、どうして良いか分からない。

なので、失敗のベテランの僕に相談をしたかったみたい。

でも、僕がキレて相談にならなかった。

合流、そして泣かれる

当時、僕が住んでいた西川口から、奈央の実家まではクルマで約1時間半。

最寄りの駅名を知っていたのでナビにセットして向かう。

最寄り駅近くのコンビニで奈央に電話。詳細の住所を聞いて家の近くまでクルマで移動。

いや、スゲーの高級住宅街って言うんですか?

でっかい家、高級車、ばっかりなの。

日曜日の朝だったから、犬の散歩をしているセレブくらいしか歩いていなく、閑静な住宅街。

西川口とは歩いている人種が違います。

とりあえず、奈央の家の近くの大通りに路駐をしてタバコを咥えながら電話で呼び出す。

閑静な住宅街に似合わない真っ赤で車高の低いクルマが重低音を響かせていた。

かなり目立つ。

当時、僕はマツダのファミリア S-ワゴン SPORT 2000っていうクルマに乗っていて、マツダスピードで固めた自慢のクルマ。

もちろんマフラーも交換済み。

良い音を響かせていました。

奈央「早く出して。目立ち過ぎ」

僕「目立って良いでしょ?」

閑静な住宅街でイカれた若者のクルマは目立つ。

噂になると困るらしい。

確かに。

TPOって大事だね。

ちょっと離れた喫茶店で話すことになり奈央のナビで移動。

今日の奈央は、ばっちりメイクをして、どちらかというと会社モードに近い。

僕の苦手なモード。

飲みに行くときのときのナチュラルメイクの方が好きです。

なんか、良いオンナすぎて緊張するんだよな。

喫茶店で店員さんに「コーヒーふたつ」って頼んで一番奥の席へ。

何も考えないで来ちゃったんで、何を話せばよいか分かりません。

さらに対面に座った奈央はお出かけ前だから、ばっちりおしゃれしているし、僕は寝ぐせを隠すためにキャップ。

ダボダボのジーンズにパーカー。

なんとなく気まずい。

黙っていると奈央が下を向き、泣き始めました。

(ちょっと待ってくれっ!! このパターンはマズい。昨日の記憶リターンズ。修羅場になる!!)

僕は挙動不審になりました。

周りを確認して、僕は悪くないよアピールをしないとなんて超あせる。

(奈央、オンナの涙の破壊力は半端ないんだって。僕を不安にさせるし、周りから強力な圧力を生むんだよ。勘弁してください)

奈央「ありがと。ひらめ(僕のことです)って優しいね」

涙を溜めた大きな目で僕の方を見る。

マジ、かわいい。

でも、僕は笑っている奈央さんが好きです

僕「何があったの? 今日は聞くよ」

解決策を導き出す

涙ながらに奈央が語ってくれました。

なんとなく昨晩、仕事でミスをしたと言う話を聞いた気がする。

泣くくらいのミスなんて頭を下げたくらいじゃ解決できないのかも知れません。

真剣に聞こうと思っていたんですが、

すんげ~くだらないの

僕からしたらミスでも何でもない。

先輩に頼まれた飲み会の予約を忘れて、指定のお店で予約が入れられなかったらしい。

奈央にとったら泣くほどのミスだったみたいで落ち込んでいる。。

けどさ、対処法なんて、ちょっと考えれば分かるじゃん?

僕「OK。奈央。大変だったね」

奈央「どうしよう。みんな予定を開けているのに飲み会ができない」

僕「忘れて予約できなかったのは、奈央のミスだよね」

(泣くなっ。そして睨むな。メイク落ちてんじゃん)

完璧な人間は、失敗にもろい。

こんな小さなミスでパニックになっていたら、僕の失敗の数々を知ったら昇天してしまうんじゃないか?

あまり失敗をしたことがない人間は、ミスを指摘されると不機嫌になります。

僕「ミスは認めようよ。まずはそこからだよ」

奈央「うん。でも、忙しくて・・・」

僕「言い訳はいらない」

奈央「ごめん」

厳しいようだけど、良い訳なんて聞きたくないし、必要ない。

僕「まずは、どうすれば良いと思う?」

奈央「みんなに謝る」

僕「うん。それで」

奈央「それで?」

(睨まないでください)

僕「謝ることは大事だよ。でも解決にならないよね。どうすれば良いと思う?」

奈央「分からない」

奈央、プチパニック。

僕「落ち着いて考えてごらん。奈央なら分かると思うよ」

奈央「・・・」

奈央「違うお店を予約する」

僕「そうだね。みんなに謝って違う店で飲めば良いじゃん」

その後、奈央はいつもの前向きな奈央に戻りました。

会社の近所の「雰囲気の良いお店はドコかな?」とか「あのお店だったら、入れるかな?」なんてニコニコしながら考えていました。

グレート。

失敗した後にどうリカバリーするか

元々、ミスをしたことがない人間って頭は悪くありません。

ミスや失敗をしないために一生懸命準備してから実行をするんですよ。

準備に時間をかけて色々な対処法を始めから行動をしています。

ただ、思い通りに事が進まなかったときにパニックになってしまう。

そして、簡単なリカバリー方法も、考えられなくない。

落ち着いて考えれば、すぐに分かることでもパニックになっているから、答えが見つからない。

僕は答えが分かっていても教えなかった。

奈央が自分で考えられるように寄り添ってあげただけ。

自分で解決できるようになって欲しかったから、答えは教えなかった。

今は勉強をして知っているけど、コーチングの基本だよね。

良い仕事をしました(自画自賛)

その後、クルマで送っていく

奈央の悩みは解決できて良かったんだけど、ちょっと話に盛り上がってしまって、奈央の待ち合わせに間に合わなくなってしまいました。

さらに、メイクも涙で落ちてしまっていたので、あせる奈央。

急遽、クルマで送ることにした。

時間的にはギリギリ間に合った。

待ち合わせ先には、僕と奈央の同期の娘たち。

僕はクルマを降りていないし、見られていないと思っていたんだけど、その中に僕のクルマを知っている娘がいた。

何も考えずに奈央をクルマで送ったんだけど、後々大きな事件になります。

僕と奈央の大きなミスでした。

ではでは。

自分語り

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました