夢の国での話。はかないディズニーデート

スポンサーリンク

ディズニーランド、ディズニーシーが嫌いだと言う話を聞いたことがありません。

老若男女が楽しめる、まさに『夢の国』です。

僕の記憶では小学生の時にディズニーランドが開園し、家族で行ったのが初めてだったと思います。

そして、高校、予備校時代、大学、社会人になってからも、色々な女子とデートで訪れました。

結婚してからは、息子たちを連れて遊びに行く場所。

ディズニーランドって、みんなが特別な場所だと思っているから、はしゃぐのが恥ずかしくない。

はしゃぐのが当たり前の場所。

どんな強面の人でもミッキーの耳をつければ笑顔になれる。

まさに夢の国

女子を誘って断られたことがない魔法の世界。

膨らんだ欲望と股間をひた隠し、何人もの女子を連れて行きました。

そんな夢の国が、本当に夢の国になった話。

現実世界では付き合えなかったけど、ディズニーランド内だけは、恋人同士になれた娘がいました。

夢にまで見た恋人気分を味わえたんだけど、なんとなく、男としては不完全燃焼。

ディズニーランドに誘う

社会人になり、仕事をそこそこ頑張って彼女でも作って幸せに暮らしたい。

とりあえず、彼女が欲しい。

学生時代と違って、ある程度自由に使える稼ぎがある。

早く彼女が欲しい。

僕は小さくて弱く、ホンワカした女子を彼女にしたい。

そんな娘とラブラブな幸せ気分でディズニーランドに行くんだ。

そんな野望を持っていた頃、理想の女子とはかけ離れている娘(仮に「奈央」とします)とお互いの秘密を共有して仲良くなった。

性格がキツく、僕の理想とする女性像とは真逆の娘だったんですが二人で何度か飲み、だんだん奈央に惹かれていった。

完全に片思い。

どうにかエッチしたい。

もとい、付き合いたいと思っていた頃の話。

そんな奈央と会社帰りに待ち合わせ、飲んでいたときに、ディズニーランドの話になった。

奈央「そう言えば、しばらく行ってないなあ」

(チャンス到来)

僕「今度行こうよ」

奈央「う〜ん。ひらめくん(僕のことです)とかぁ。考える」

(なんかトゲがあるんですけど、凹みますよ)

飲みには誘ってくれるのに、ディズニーランドは渋る理由が分からない。

女子の気持ちって複雑。

僕「そう言えば、奈央さんの携帯番号、知らないんだけど教えてよ」

僕と奈央は同じグループ会社だったので、社内線用の個人ピッチで連絡が取れる。

社内ピッチで連絡をして飲みに来ている。

奈央「あっそうだね。連絡取りづらくてしょうがない」

携帯番号は、すんなりゲットできた。でもディズニーデートの約束は取れません。

僕「俺、再来週の火曜日、代休で休みなんだ。行くなら平日じゃね?」

奈央「う~ん。ひらめくんとかぁ」

(そこまで嫌がると本当に凹むって・・・)

ツレないそぶりを見せる奈央。今回も奈央から飲みに誘っておいて、ディズニーランドに行くのを躊躇うなんて、訳が分かりません。

変な話、二人っきりで飲みに行く方が危険度高いと思うんですけど。

興味がある人は、以下の記事を読んでください。

結局、ディズニーデートは断られ家路に着きました。

次の日の夜に「行こう」と電話をもらい、行くことになった。

良かったよ。

嬉しいよ。

当日はおしゃれして行こう。

当日、新宿駅で待ち合わせる

会社に行くより早く起きて、天気予報を見ると降水確率が60%「傘を持ってお出かけを」なんて言っている。

雨だと「面倒くせーな」と思い、奈央に電話。

僕「おはよう。奈央さん、雨っぽいけど、どうする?」

奈央「行く。絶対に行くもんっ」

僕「OK。じゃ新宿で」

家を出て待ち合わせの新宿駅へ。

ダボダボのジーンズ、チェーンつきの財布、これまたダボダボのロンTを着て、ポケットに携帯とタバコだけ。

雨具として、ベルトループにキャップをひっかけ、家を出ました。

僕はクルマを持っていたので、クルマで行こうと提案をしたんだけど、帰りに飲めないじゃん。

と奈央の提案で電車で向かうことになりました。もしかしたら警戒されていたのかも知れませんが。。。

新宿の東南口の階段を降りた広場の喫煙所で待ち合わせの時間まで時間を潰す。

いつもなら通勤のために電車に乗っている時間にタバコを吸って、仕事に向かうサラリーマンを眺めていると、なんか優越感なんですよね。

日本を支えているサラリーマン諸君、頑張りたまえっ!!

タバコを咥えながら応援をしていたら、私服姿の奈央がやってきた。

ジーンズにノースリーブの白いシャツなんだけど、会社のときの雰囲気が違い過ぎ。

会社ではビシッとスーツを着こなす大人のオンナって感じなのに、メイクもいつもと違ってナチュラルメイク。

やばい、惚れてまうやろ

奈央「おはよう。朝からボケっとしてどうした?」

僕「奈央さん、かわいすぎっ」

奈央「ありがとw」

二人で新宿から中央線で東京、東京で乗り換えて舞浜へ。

ちょうど通勤ラッシュ中の中央線で奈央と密着しながら移動。

満員電車なので二人の距離が近い。

さらに、ちょっとテンション高めの娘が上目づかいで話しかけてくるから心臓はバクバクするし、息子は存在感をアピールしてくるし、もう大変。

どっちもバレたくない、男のメンツに関わってくる。

夢にまでみたディズニーランド

舞浜の駅を降りて、パークに入ったら奈央が腕を組んできた。

手も繋いだことがないのに、いきなり腕を組んできたので、僕はプチパニック。

うれしかったんだけど、それ以上にパニック。

Tシャツ越しに奈央の暖かさ、柔らかさが伝わってきます。

奈央「ランド内だけは、恋人ねっ(ニコッ)」

(ちょっと待て。どういうことだ?!)

奈央「ディズニーランドは夢の国だから、ひらめくんにも夢を見させてあげるよw」

僕「おう。了解」

何が了解なのか、状況が理解できないけど、とりあえず、奈央の恋人ごっこに乗ることにした。

だって、可愛いんだもん。

平日でもっと空いているかと思ったんだけど、そこそこアトラクションの待ち時間がある。

僕は元々、おしゃべりなんですが、社会人になり「寡黙な男の方がカッコ良い」なんて考え、クールな男を演じていた。

でも、この日は本当によく喋り、よく笑った。

キリっとしている奈央より、こうやって笑っている奈央の方が100倍可愛い。

途中で雨も降ってきたけど、相合傘(なんか、呼び方が懐かしいな)をして夜まで遊んだ。

ちなみにディズニーランドのお昼のパレードは、雨の日バージョンというのがあって、キャラクターが雨がっぱを着ている。

雨の日も悪くないですよ。

日も暮れてきたので帰る

閉園までいても良かったんだけど、次の日も会社だし、お腹も空いたし、日が暮れてきたから、そろそろ、帰ろうかなんて話をしたら、奈央が駄々をこねる。

僕「飯食って帰ろう」

奈央「嫌っ」

(いやいやっ、奈央さんキャラが変わっていますよ)

僕「どうしたの?」

眼をウルウルさせて上目づかいで、僕の顔をみる奈央。

かわいい。

奈央「最後にギュッとして」

(もうさ、恥ずかしいから終わりにしようよ)

なんて思っていたら僕の胸に顔を埋めてくる。ドキドキしながら抱きしめた。

その間、数秒。

奈央の体温も、匂いも、柔らかさを感じるし、超ドキドキしていた。

このまま、キスでもして。

「ドンッ」

(えっ?!)

奈央「終わり。ありがと。飲みに行こう」

僕「おお、おぅ、おおっ」

夢の国で夢から覚める

いつもの奈央に戻って、会社にお土産買って行こうか、いや、ひらめくんとディズニーランドに行ったことがバレると面倒くさいな。

なんて言いながら、奈央の家にだけ、お土産を買い、夢の国を後にした。

奈央の提案で、夢の国の中で夢を見させてもらいました。

どうせなら、覚めないで欲しかったなあ。

その後、ふたりで東京まで移動して丸の内で軽く飲むことに。

飲みながら、真意を聞いたら「どうせならディズニーランドを満喫したいじゃん?

友達同士で行くより恋人同士の方が楽しめるでしょ。なんか文句ある?」と笑顔で言われました。

僕「それなら、付き合おうよ」

奈央「それは無理。もっと良い男になりたまえっ!!」

いつもの奈央でした。

そして別れ際に「また行こうね」って、もう訳が分からん!!

男心をもてあそびやがって。

魔性のオンナ。

ではでは。

自分語り

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました