男のおしゃれは「他人の目」を気にした方が良いらしい

スポンサーリンク

ファッションというか、おしゃれって聞くと奇抜な服を着たり、流行の服を着ることだと思いませんか?

なので、ちょっと小っ恥ずかしくて、おしゃれをしないなんていう男性が多いと思います。でも男性でもおしゃれは必要なんですよ。

奇抜なファッションをするとか、流行の服を着るなんていうのは若者の特権で、僕たち、中年には中年のおしゃれがあります。

僕も30過ぎまでは流行を追って色々な服装をしていたんだけど、やっと昔、おしゃれの基本を教えられたことの意味を理解しました。当時は「何をおっしゃってるんでしょうか?」なんて全然理解をしていなかったんだけど、今なら理解ができます。

おしゃれの基本は、好きな服を着ることではなく、他人の目を気にして「この服を着た自分は他人からどう思われるか」が大事。

なのでTPOを考えたり、年相応の格好をする必要があるんです。もちろん、他人から嫌われないために清潔感も大切です。

好きなカッコをしていた時代

僕は基本的にモテたいと思い、流行の服を着ていた。それこそ、社会人になりたての頃は、ジーンズを腰履きして、ダボダボのTシャツを着て、ブーツやハイカットのスニーカーが僕の定番ファッション。

2000年当時、HIP-HOPが流行っていたので、HIP-HOP風の格好をしていればモテるなんて勘違いをしていた。走ったりするとズボンは脱げてしまうし、動きずらかった。でも、おしゃれのためには、そんな苦労も必要だと思っていた。

そんなときに知り合い、一緒にディズニーランドに行くことになった娘(仮に「奈央」とします)にファッション、おしゃれについて教えてもらった。

奈央とは会社帰りに飲みに行く仲で、僕は惚れていた。でも「もっと良い男になったらね」とか「まだ早い」なんて軽くあしらわれていた頃、頑張ってディズニーデートにこぎつけた。

当時、僕は会社に行くのにネクタイを緩め、だらしなくスーツを着崩していたので、奈央に「だらしない」なんて言われていたんだけど別に気にしていなかった。けど奈央は、いつもバシッとしたスーツ姿でメイクもバッチリ。本当に良いオンナだったんです。

そして奈央に気があるんだけど、言われた通りにしたくない、天邪鬼の男なので、何を言われようが気にしなかった。

そして、ディズニーデートにこぎつけ、初めて奈央の私服を見て、マジでビビった。ジーンズに白いノースリーブのシャツを着て、メイクも会社のときとは違ってナチュラルメイク。

僕はダボダボのTシャツに腰パン。雑誌「Boon」の中から出てきたのかってくらい流行のまんま。個性も何もない。当時の僕はだらしないスーツ姿か、雑誌から出てきたのかってくらい没個性の服装。

自分に似合うとか、周りからどう思われるなんて考えてなく、流行りの格好をしていればカッコ良いと思っていた。

ディズニーランドでファッション講座

平日のディズニーランドで、それも雨が降る予報だったにもかかわらず、それなりに混んでいたので、アトラクションの待ち時間でたくさん話した。そのときに奈央からファッション講義を受けた。

僕「奈央さん、会社と雰囲気が違う。俺、こっちの奈央さんの方が好き」

奈央「ありがとう」

奈央は流行りのカッコではなく、ジーンズに白いノースリーブですごく似合っていた。

僕「すごく似合っている」

奈央「自分の体型とか、何を着たら似合うかを考えないとダメなんですよ」

僕「そうなんだ」

奈央「ひらめくんって、いつもそんな感じ?」

僕「最近はこんな感じ」

奈央「ワルい人だと思われたいの?」

僕「流行ってるから着ている感じ。歩きにくいし大変」

奈央「サイズ感、間違っているもんね」

当時はサイズ感なんて考えていなくて、大きければ大きいほど良い。なんて考えて服を選んでいた。茶髪にゆるくパーマを当て、ダボダボの服を来ていればカッコ良いと思っていた。なのでサイズ感なんてなかった。

みんなと同じ服を着ていればカッコ良い。

好きな服と似合う服は違う

洋服の選び方ってどうしています? 当時の僕は雑誌を買ってきてドコで売っているかを確認して買い物に行っていた。雑誌を見てカッコ良いと思った服を買っていた。他人からどう思われるかなんて、服の選び方には影響がなかった。

そのときは理解していなかったんだけど、奈央は自分の体格、他人にどう思われるかを時、場所、場合、年齢によって服装を選ぶ必要があることを教えてくれた。

似合う服って、着ている人の個性があって良い。流行を追っていると「おしゃれ」なんて勘違いするけど、個性がなくなってしまう。当時、渋谷を歩けば、みんな同じような格好をしていた。

それも周りは高校生くらいの子たちばっかりなのに25歳になって、そんな格好をしているなんてちょっと頭の痛い子だったと思う。

若いうちはそれでも良いと思うんだけど、年齢を重ねて、奈央の言っている意味が分かった。

年相応のおしゃれがある

特に最近思うのは、昔、流行った太めのストレートジーンズとかを履いているおじさん(同年代)とか、パジャマなのか外着なのか分からないスエットのおじさんが多いじゃないですか。

別に気合を入れておしゃれをする必要はないんだけど、周りからどう見られるかを考えた服装をする必要があるんじゃないんでしょうか。

休日のお父さんみたいな服装とかってあるじゃないですか。まあ、休日のお父さんなんだから、それで良いじゃん? なんて意見もある。誰にも迷惑をかけていないしね。

でも僕は、いくつになってもカッコつけていたい。そのためには、年齢を考えて周りからどう見られるかを意識したファッションをする必要がある。

どうしても体格も変わってくるし、周りからのイメージも変わってくる。

いつまでもカッコ良い父ちゃんでいたいと思う。

ではでは。

自分語り

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました