責任転嫁する人が許せない

スポンサーリンク

僕は「自分で考えて、自分で行動し、自分で責任を取って生きる」ことを目標にしている。どうしても他人に頼ってしまうんだけど、そこは許して欲しい。

『自己責任論』じゃないけど、行動に対する責任は取るのが人間じゃん?

だから僕は言い訳はしない。絶対に「誰かのせい」「社会のせい」なんて責任転換をしない。

自分が負うべき責任を他人になすりつけて、文句を言われないように逃げるような人間にはなりたくないし、息子たちにはなって欲しくない。

僕だって「俺のせいじゃないし」なんて思うこともある。あるけど、絶対に言い訳はしない。

「やれって言ったじゃん!!」

「『こうしろ』って言われたんだけど」

みたいに「私のせいじゃないです」とか「言われた通りやってした」、「言われてないし」と自分の非を認めないで、他人のせい、社会のせいにして逃げ回る人がいる。

「責任転嫁」をする人が嫌い

責任転嫁をする人の心理

責任転嫁(せきにんてんか)とは自分が取るべき責任を他人に押し付けること。

自分のミスを認めないで、何でも他人のせい、環境のせいにして逃げようとする

男らしくないっていうか、人間としてクズ。

謝れば良いという訳ではないけど、ミスをしたら謝る必要があるじゃん。大人になってそんなことも分からない人がいるのにびっくり。

さらに、他人のせいにするなんてさらにタチが悪い。

謝ったら負け

責任転嫁をする人は、本当に自分は悪くないと思っているサイコパスな人間なんですよね。ヤバいですよね。

この間も自転車で歩道を走ってきたおばちゃんが、ベビーカーを押している母子にぶつかりました。事故ですよね。

けが人はいなかったのですが、結構、派手にぶつかったので盛大にベビーカーが吹っ飛んで、自転車のおばさんも転んでしまいました。

どうみても自転車のおばちゃんが悪かったんですが

「どこ見てんのよ!! 危ないわねっ!!」

逆切れですよね?

おばちゃんは、ちっとも悪いと思っていないみたいで、ベビーカーの母子に食ってかかっていました。

母子はビックリしていたので、ケガをしてないことを確認してから

僕「おばちゃん、自転車は車道を走るんだよ」

なんて、声をかけたんですが、もうサイコパスババアは

婆「そんなのドコにも書いてないじゃん」

なんて、もう意味が分からないことを言ってきたので

僕「とりあえず、謝りなよ」

って言ったけど、頑なに頭を下げない。

婆「こんなところをベビーカー押して歩いている方が悪いでしょ?」

とか、もうなんて言うのか「謝ったら殺されるんじゃないか」って、矛先を僕に変えて騒いでくる。謝ることに対してのハードルが高すぎる(笑)

結局、警察が来て事故として処理をしたんだけど、最後まで謝らなかったね。歩道を歩いていた母子が悪い、薄暗いのが悪い、ベビーカーにも電気をつけるべきだ。

なんて、他人や環境に責任を転嫁する。何かを身代わりにして責任を取ることを回避しようとする。

自分が悪いことを気づいているけど

まあ、このサイコパスババアが本気で自分が悪いと思っていなかったら、本当にサイコパスだと思う。でも、自分が悪かったって気づいているんだよね。

自分が悪かったんだけど、それを認めると謝らないといけないとか、損をするなんて思っているだと思う。それを誤魔化すために責任を転嫁して、自分のせいじゃないって言い張っているんだよ。

自分のミスを認めるハードルが高い。自分のミスである自覚はあるけど、隠すために他人に責任を押し付ける。

みっともない。

最近知ったのですが、その場にいない人の名前を出して、責任を押し付ける輩って思ったより多いんですよね。自分が悪いことに気づいているから、一生懸命、誤魔化そうとする。

責任を押し付けられた人からしたら、たまったもんじゃないですよね。

責任転嫁をされたら倍返しする方法

責任転嫁をする人とは関わらない方が良いんです。物理的に近づかない。責任転嫁をする人は「ミスは誰かに押し付けた方が自分にとって得だ」と考えます。

そんな人から身を守るためには、近寄らない、仲良くしないことが一番。

それでも、あなたのせいにされたときのために、全部のエビデンスを取っておくことが必要です。例えば、話をするときは二人で話さず、第三者を必ず、立ち会ってもらうとか、メールやLINEで会話を保存していく。

適任転嫁をされたときに、ちゃんと話した内容を集めて戦えるようにしておくことが重要です。証拠があれば責任転嫁をされても、倍返しすることができる。

最近の『自己責任論』は行き過ぎだと思うけど、責任を転嫁する輩も増えてきたと思う。

どっちも面倒くさい。

ではでは。

人間関係

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました