何でも『自己責任論』おかしいよ?! それは違うよね

スポンサーリンク

今、ネットでもSNSでも何かがあると「自己責任じゃね」なんて自己責任論が出てくるよね。なんとなく納得してしまうなんてことない?

自己責任のことも、もちろんあるよ。あるけど、全てが自己責任じゃないんじゃないかな。自己責任論を言う人は「準備していなくて、失敗したんだから自分で責任とれよ」というのが根本にあるんだと思う。

なんか、中途半端ななんだよな。自由があるから、責任を取る必要があるんだよ。自由がないのに責任を取る必要はない。

自由に生きて(行動して)いるんなら、その責任は取らないとイケない。その方法でしか生きられない(行動できない)人にまで責任を取らせるのは違うんじゃないかなあ。

なんか、難しいけど。。。

自己責任論とは

僕が自己責任論なんて言葉を聞き始めたのは、2000年過ぎだと思う。

自分の行動の結果として危機に陥ったのなら、自分で責任を負うべきであり、他人に助けを求めるべきではない、といった論理を基調とする考え方。危険であることが事前に予測できたにもかかわらず、危険を顧みずに敢行したのだから自業自得だとする考え方。

weblio辞書

言っていることは、分からなくはない。

たださ、世の中には、続けたら危険なのかが分からない人とか、分かっていても続けないと生活できない人っているんだよ。

自己責任論を受け入れている人って、個人主義と言うか、周りの人とコミュニケーションが取るのが苦手な人なんだよね。

自己責任論は、無責任な人の言い訳

僕は誰とでも仲良くしたい訳じゃない。嫌いな人もたくさんいるしね。ただ、付き合うならトコトン付き合いたい。僕が仲間だと認めた人が困っているなら何があっても助ける。その代償として、僕はズカズカとその人のプライベートにも土足で踏み込むよ。

僕の仲間は、お互いに文句も言うし、知らない人からすると毎回喧嘩しているのに、どうしてツルんでいるのかと思うこともあると思う。お互いに真剣に付き合っているからね。

「何かがあったら責任を取る、だから、文句も言わせろ」

そんな仲間だから自己責任論はでない。

希薄な人間関係だから自己責任論

上辺だけ仲間なんて言っているから誰も真剣に考えていない。何かあったときに「僕は知りません」なんて顔ができるんじゃないかな。

濃い付き合いをしていれば「こいつ、頑張っているけど、どうしようもないな」って手を差し伸べるし、「しょうがないな」って助けてあげると思う。個人主義というか、お互いに距離を取った付き合いをしているから、自己責任論になるんだと思う。

そんな付き合いをしたことがないんだろうな。

自由を与えるのは無責任

責任って自由があるから発生する。多少、自由を奪っても、責任を取ってあげる。なんか上から目線だと感じるかもしれないけど、責任が取れそうになかったら、そうやって助けてあげないといけないんじゃないかな。

きっと、自己責任論と言っている人は、頭も良いし、失敗しない方法も知っているんだと思う。少し責任感を持って、助けてあげれば良いのに。そうやって助け合うのって面倒くさいのかな?

自己責任論より、助け合う世の中の方が健全だと思うけどね。昭和っぽいけどね。

助け合う村社会が好き

僕は田舎で育ったからなのか、仲間内で誰かが困っていたら助けるのが当たり前だと思っている。だから失敗しそうな仲間がいたら、さりげなくアドバイスして、失敗しないように支えてあげるし、もし失敗しても「しょうがねえなあ」って手を差し伸べる。

もちろん、アドバイスを聞かない奴なんかは「村八分」なんてことになるけど、よっぽどのことがないと、みんなで助け合う。そのために、他人のことでも、ズカズカ土足で入ってくる。面倒くさい反面、責任を取ってくれるので居心地が良い。

最近は、仲間意識が弱く、どちらかというと「みんなで気を使っているだけ」で仲間じゃないんだよね。そっちの方が面倒くさくないんだけど、もっと人間臭くて良いじゃんね。

「自由にさせているだから、責任を取れ」っていう『自己責任論』の考え方は、都会的な考え方なんだろうな。

なんか、愚痴っぽくなってきたので、この辺で。

ではでは。

人間関係

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました