NAロードスター購入。新しい車を買うのは、まるで結婚するようなもの

カーライフ
スポンサーリンク

恋焦がれた女性と結婚できるなんて幸せですよね。

ずっと片想いをしていた「NAロードスター」を嫁に貰うことになりました。

免許を取り、約25年で4台目の愛車として、NAロードスターを購入することに決めました。人生において車を何度も買えるのは贅沢なことだと思います。それも、今回は正室としてではなく、側室、セカンドカーとして迎え入れることになりました。

何台も並んでいたロードスターの中で、ビビッときた娘と電撃婚。

古くて新しい車、NAロードスターの購入についてまとめておきます。

おじさん、中古車屋へ行く

去年(2020年)から、某有名中古車検索サイトでNAロードスターを探していたのですが、なかなか理想とする娘が近所にありませんでした。毎日のようにNAロードスターを検索して、所有者になることを夢見ていました。

NAロードスターが欲しくて、買う前から妄想していました。

あまりにも見つからなくて、遠距離から嫁入りさせようかなんて考えていたんだけど、やっぱり中古車なので、一度確認したかった。悶々として毎日、サイトを確認していたら、やっと近所に手が届きそうな価格のNAロードスターがアップされました。

速攻で連絡し、本日、会いに行ってきました。

目当ては「深緑のVスペシャル」

中古車検索サイトで見つけた娘は、深緑の落ち着いた雰囲気のVスペシャル。中年のおじさんとしては、この落ち着いた英国ムードをまとったVスペシャルが良い。

もうやんちゃな運転をする歳でもないし、ゆったりと運転を楽しむためには上品なVスペシャルが欲しかった。

朝からテンション高めで中古車屋さん訪れると、掲載されていた娘意外にも、NAロードスターがズラリ。と言うか、ロードスターしか並んでいない。部品取り用の車もあるようですが、約10台のNAが並んでいました。

ちなみに、ちょっと覗いた整備場でも、NAロードスターをメンテナンスしていました。某中古車サイトにも、店のホームページにもロードスター専門なんてことは書いてなかったのに!!

とりあえず、全車チェック

一番最初に目を引かれたのは、黄色のJリミテッド。

ベタベタに車高を落とし、深リムのホイールを履いてエアロで固めています。サイドミラーも変更されていて、ほぼ完成されている。いじる必要がほとんどありません。

(・・・カッコ良い・・・)

ちなみに僕は黄色い乗り物に憧れを持っていて、愛車の「クロスカブ110」も黄色。スポーツカーと言えば、黄色。

ただ、予算オーバー。230万円は高すぎる・・・。

そして、お目当ての深緑のVスペシャル。やんちゃ仕様のJリミテッドを見た後なので、より落ち着いて見える。

若いときの僕なら見向きもしなかったと思うんだけど(実際に見向きもしなかった)歳を重ねた今だからこそ、この渋みが分かる。

深緑の車体にベージュの幌。ざっと見た感じでは、メッキのサイドミラーに変えられているけど、車高はノーマル。マフラーも変わっていません。

NAロードスターってノーマルでも十分カッコ良いと再認識をしました。

(・・・渋い、渋すぎる・・・。ちょっとキツイけど予算的には手が届く・・・)

このVスペシャルは158万円。走行距離は12万キロ走っているのですが、30年前の車なので過走行と言うほどではありません。幌の状態も良いし、下回りも綺麗だし、見にきた甲斐があった。

そして、クラシックレッドのNAロードスターが2台。そのうち、1台はATなので金額が安めです。趣味で運転するならマニュアル車が欲しい。なのでMTの娘をチェック。

控えめなローダウン、そして、太めのマフラー(メーカー不明)他はノーマル。ホイールも純正、他にいじっている所は見当たりません。幌の状態がちょっと悪く、ひび割れをしている箇所があります。ただ、覗いた下回りにサビもなく、状態は良さそう。

(幌以外は問題なさそうだな・・・)

他にも、ND(?)の赤に全塗装されたNAロードスターが並んでいましたが、興味を引かれませんでした(笑)

ここまで10分。

内相をチェック

実は、ここまでお店の人に声をかけていませんでした。今考えるとやばい人ですよね。不審者ですよ。ちゃんと声をかけてから見るようにしてくださいね。

事務所に行き「連絡した者ですけど車を見させてください」と声をかけ、鍵を借り、内装をチェックします。

まずは、お目当てのVスペシャル。内装をチェック。

(・・・渋い・・・)

テンションが上がります。タンカラーの本革シートは綺麗だし、ダッシュボードに割れもなく上品です。今までの車は、スポーツカー寄りの内装のクルマばかりだったので(現在、乗っているステップワゴンもスパーダなので黒ベース)凄く新鮮に感じる。

エンジンをかけ、エアコン、パワーウィンドウ、リトラクタブルヘッドライトの開閉もチェック。どこも問題ない。

多少の経年変化はあるものの、年代を考えると上玉品です。エンジンルーム、トランク、幌の開閉をチェック。

(・・・走行距離12万キロ。修復歴なし。良いな・・・)

赤いNAロードスターが気になる

黄色いJリミテッドも気にはなるのですが、残念ながら奥さんに「黄色い車は却下」と今朝、家を出るときに釘を刺されてました。深緑のロードスターを見に行くのに何を言ってるんだろうと思ったのですが、僕が現地で悩むことを予測してたんですね。さすが奥様。

女の勘なのか?こわっ!!

事務所に鍵を返しに行き「赤い娘も見させて貰って良いですか?3台目の娘です」と予定外の行動に出てしまいました。凄く気になってたんです。

とりあえず、内装のチェック。ノーマルのハンドル、ステアリングじゃなくてハンドル。お世辞にもかっこいいとは言えないハンドル。

ダッシュボードは、ひび割れなどもなく綺麗。その他の樹脂パーツは経年変化をしてます。30年も経っているのだから仕方がありません。灰皿が欠品。まあ、それも大したことはない。シートベルトも経年変化で色が褪せてしまっています。オープンカーなので紫外線の影響をモロに受けている。

しょうがない。

エンジンをかけ、エアコンとパワーウインドウのチェックをしようとエンジンキーを回したら

「ド、ドドドドドッ」

マフラーが変わっているから先程のVスペシャルの音とは違います。

(・・・良い。いい音じゃん!!)

「Vスペシャルを買ったらマフラーは絶対に変えたいな」なんて思いながらエアコン、パワーウィンドウ、リトラクタブルヘッドライトの開閉をチェック。問題なし。エンジンルーム、トランク、下回りもチェックして問題なし。幌は痛んでいる。

一応、チェックはしたけれど、このときは、まだ深緑のVスペシャルを買うつもりでした。

鍵を返して、タバコを吸いながら、何でクラシックレッドに惹かれるのかを考えた。僕は、クラシックレッドのマツダ車に10年乗っていた・・・。

ファミリアS-ワゴン SPORT2000

奥さんと結婚する前から、そして下の息子が生まれるまでに乗っていたのが、ファミリア Sワゴンでした。

1.2tの小さな車体に2,000ccのエンジンを積み、セダンのリアをぶった切り、ハッチバックにした車で、マツダスピードで固めた「なんちゃって走り屋仕様」の車に乗っていました。

結婚前の奥さんと出かけたり、結婚して息子が産まれてからも、重低音を響かせながら、あちこちに連れて行って貰ったファミリア。

あの思い出の車と同じ色・・・。

NAロードスターを購入

タバコを吸いながら、渋いVスペシャルと懐かしのクラシックレッドで悩みました。悩んだと言うか、クラシックレッドの娘を見た瞬間から、心変わりをしていたんです。

結局、クラシックレッドのNAロードスターを嫁入りさせることにしました。

落ち着いた深緑のロードスターはノーマルが似合う。マフラーを変えたり、車高を落として乗る車ではありません。勝手な言い分だけど・・・。Vスペシャルは、落ち着いた雰囲気で乗るロードスター。

中年の僕は、その落ち着いだけど雰囲気のロードスターに乗ろうと思っていたんですが、あのマフラーの音を聞いたら・・・。ねえ?

ちなみに即金で購入をするならと、新品幌(NB用サードパーティ製)交換、タイヤも新品交換、納車時に2度目のタイミングベルト交換も勝ち取りました。

コンディションは、再塗装済み、走行距離19万キロ、修復歴なし。マフラー交換済み(メーカー不明)ローダウン。車検残(7ヶ月)諸経費込みで121万円也。

現金では買えないので、銀行ローンを組み、月2万円、ボーナスなしの60回払いで購入することにしました。

経年変化している内装も順次補修、交換して行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました