リモート授業で授業料を取るのってどうなのよ?

スポンサーリンク

もちろん、学校だって収入がないと継続できないのも理解しているし、リモートだろうが対面だろうが授業をしているんだから授業料を取るってのも理解はしている。でもさ、なんか授業料を払う身としては、ちゃんとキャンパスライフを楽しんで欲しい。大学の授業料って、授業だけじゃないじゃん。

学校に行って友達をたくさん作って、色々な経験をすると言うのも授業料の一部なんですよ。建前上は勉強しに学校に行くんだけど、学業だけが目的じゃないだよ。生涯付き合える友達もそうだし、学生の空気感?みたいなものも経験して欲しいってのが親の気持ちじゃないでしょうか。

僕が大学生活を送っていたのは20年以上前だけど、今思い返しても授業の思い出より、仲間とつるんでいた思い出の方が濃い。他人に自慢できるような充実したキャンパスライフではなかった。でも大学の4年間(+大学院の2年間)は人生で一番、濃い生活を送っていたと思う。僕の場合、高校生活よりも大学生活の方が濃かった。

最近の子はリモートでも楽しめるのかもしれないけど、僕らの年代は生身の人間同士の方が濃ゆい関係が築けると思ってしまう。リモートでの経験って結局バーチャルであって本当の経験には敵わない。ちょっと前の記事でも書いたけど、何も経験しないよりは、バーチャルでも経験をした方が良い。でもリアルの体験との間には大きな差がある。

同じ空気を吸って同じ雰囲気での体験って大事なんだよ。そして共通の経験をした奴らと濃ゆい関係が築けるだと思います。本当にくだらないことでも一緒に笑い合ってジャレ合うことで、輝ける(?)思い出になるんです。

なんかアホらしく感じてしまう

僕はリモート体験否定派なんで、もしかしたら古い人間なのかも知れません。リモートハロウィーンなんてアホらしいと思ってしまいます。学校も結局は学生(の親)からお金をもらえないと先生のお給料も払えないのは分かる。分かるんだけど、リモート授業なんてやって授業料を取るのは疑問です。

だってさ、リモートで授業をして理解できる人なら自分で勉強できると思うんだよね。さらに言うとリモートで授業をやっても先生の本当の姿なんて想像でしかないじゃん。先生と仲良くなって、テストの点だけじゃなく、ちょっと卑怯かも知れないけど、人間力も加味された点数だったりする訳じゃん。

なんか温かみがないって言うか、感情がないって言うか、人間味に欠けるような気がしてしまいます。僕の場合、学校を卒業しても先生たちと仲良くしてもらっていたし、何かあれば相談に乗ってもらうなんてこともしました。それって生身の人間同士の付き合いがあったからだと思うんです。バーチャルで授業を受けても、そこまで面倒を見てもらえるなんてことはありません。

さらに言うと社会に出ると同年代、同じレベルの人たちばかりってことはなくて、年も離れている同僚とレベル、価値観が全然違う人ばかりの中に放り込まれるんです。そんなときに愚痴を聞いてくれる仲間って学生時代の仲間だと思うんです。子供の時からの腐れ縁の友達とは、そこまで濃い愚痴なんて出ない。学歴も生活も違いすぎて腐れ縁の奴らとは、そんな難しい話をしたいとも思いません。

やっぱり学生時代の仲間って必要だと思う。そんな仲間作りも大事な授業料に含まれているんです。

家に籠り、旧友と遊ぶ

もちろん、旧友と遊ぶこと自体は悪いことではありません。小学校、中学校の近所の友達と遊ぶことも必要ですよ。でも、それだけじゃ大学に行った意味がありません。大学って高校までと違って全国各地から人が集まります。そして卒業と同時にまた全国に散らばって行く。

そんな仲間を作る機会って、そうそうないんですよね。そして、そんな仲間がいるから近所の腐れ縁の仲間も大切にできるんじゃないでしょうか。

それをリモート授業だと変な話、一人暮らしをする必要もなく、実家からリモートで授業に参加する。そして、遊ぶときは、やっぱり同じ境遇の近所の友達になってしまいます。

僕の知り合いに今年の4月に地方の大学に進学が決まった子供がいます。その子は未だに大学に行ったのは入試の時だけ、一人暮らしをするために契約したアパートも解約して実家からリモートで授業を受けているそうです。

前期の単位は予定通り取れたそうですが、自分が大学生になったと言う実感がないそうです。そうですよね。実家に住んでいるし、遊ぶ友達も小学校、中学校の友達、良くてもちょっと離れた高校の友達だけ。一応、大学のクラスのグループLINEもあるそうですが、全然興味がわかないそうです。どんな奴なのか、全然分からない。絡んで良いのかも分からない。

それって寂しいですよね?

専門的な授業はどうすんのよ?

このまま、いつまで続くか分からないリモート授業の流れですが、このままだと理系の学生は大変だと思います。僕は化学系を選考していたんだけど、実験の授業があったんです。実際、実験なんて自分で行わなくても、教科書で学べるっちゃ学べるんです。

でも、実際に手を動かして実験して、匂いだったり、熱だったり、音だったりで危険を感じることって大切な体験だったと思います。肌身で危険度を感じるスリル(?)危険なことがあっちゃダメなんだけど、そんな緊張感の中で学ぶことって大きかったと思います。

実験だけじゃなく、教育実習とかもあるし、リモートって限界があると思うんですよね。就活だってリモートでなんて話をしているけど、受け入れる側からすると本当の人物が見えず、かなり慎重になってしまいます。

学校の先生も同じように感じると思うんだけど、どうなんでしょう?

授業料満額はないでしょ?

後期から対面授業を始める大学もあるらしいけど、リモートを続ける大学もあるそうです。リモート授業を行う大学に授業料を満額払う必要ってあるんですかね。もちろん、大学もお金がないと存続できないっていうのも分かっています。そして、しっかり授業をしていて学生たちを教えているって言うのもわかります。

でも、それで良いのって話ですよ。授業以外のことは関係ないって言うのが学校の言い分かも知れない。でも部活動、サークル活動で学ぶことだってあるじゃん。頑張って受験勉強をして大学に入ったら彼女を作ってあんなことやこんなことをしたいって我慢してきた男の子だっているだろうし、大学生になったら、おしゃれをしたいって受験勉強を頑張ってきた女の子だっているんですよ。

それなのに学校に行けないと、楽しかったはずのキャンパスライフが送れない。親だって大学生になった娘、息子のはずなのに高校時代と何も変わらない。むしろ高校時代より家にいて大変。

お金も問題じゃなくて、どうにかしてあげないと可哀想じゃん。色々と想定外のパンデミックだったんだけど、そろそろ動き出して欲しいと思います。

ではでは。

子育て

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました