ブログを始めるキッカケは人それぞれで良い

スポンサーリンク

僕は本を読んだり、他人のブログを読んだりするのが好きです。しっかりと論理的な構成のブログも好きだし、その人の考え方、行動をまとめている雑記ブログも読みます。

アフィリエイトで稼げるようになって、面白いブログが減ってしまったような気がします。アクセスを集めるためには、誰かの役に立つ情報を書かなければいけないとか、テーマを決めてアクセスを集めようとか、最近のブログは金儲けに走っているような(気がするだけ?)感じがします。

ちょっと前までのブログってくだらないし、読んでも得になるものもない。でも、読んでいるだけで面白くて、切なくて、感情を揺さぶられるような熱い思いが伝わってきた。

そんな大袈裟な感じじゃなくて、ちょっとした暇つぶしに「ちょい読み」できるブログって意外と楽しいんですよね。

気になることがあるとググってブログを読んで納得したりする。で、

まだまだ文章も需要があんじゃね?

と思って、このブログを立ち上げました。誰かの役に立つ記事を書かないとイケないとか、悩みを解決するとか、普通の人間の僕には無理だと思う。

いつか自分で見返して、思い出すことがあれば良い。思っていることを書きとめようと言うのが、このブログの趣旨。

ブログって、もっとアングラな文化だったと思うんだよ。

金儲けは悪いことじゃない。と言うか、僕も金儲けをしたい。誰か恵んでくれ。

同じ時間を使ってブログをするなら、見返りがあった方が良いと思う。でも、このブログに関しては、僕の日常や気持ちを書き留めていて、10,000人に1人くらいは読んで笑ってくれる人がいれば良いと思っています。

ブログで金儲けができるのってある程度の知識があって、それなりに努力をすることができる人だけ。それなら、僕の考え方や日常を晒して、誰かに共感してもらったり、笑ってもらえたり、たまに勇気づけられれば良いと思う。

テキストが良い

僕もYouTubeを見たりもするんだけど、古い人間だから書かれた文字を読むのが好きなんですよ。ニーズは少ないかもしれないけど、そんな人たちに向けて、テキストのブログを始めます。

読みたいときに読むのと、流れてくる情報を受け入れるのって受け取り方が違ってくる。ブログのテキストを読んでくれる人ってそれなりに理解してくれようと思ってくれていると思うんです。

文章なので、読む人が僕を想像して「こんなハゲ親父だろうな」とか「実は超イケメンなんじゃね?」なんて思いながら読んでもらえる。ひとつ伝えておこうと思うのは、決してイケメンではない。

ドコにでもいる中年オヤジです。

僕も人に自慢ができるくらいのビジュアルだったら、YouTubeで「カエルの一日」なんて日常を垂れ流しをしても面白いかもしれない。ただ僕はそんなビジュアルを持っていません。

なので、思ったことや感じたことを話すより、読んでもらって、読む人の想像力というスパイスを効かせてもらい、10,000人のうち1人が気に入ってくれれば良いです。

ブログで稼ければ良いけど

最近、働き方改革、副業推進で、サラリーマンが「ブログで稼ごう」とブログを始める人もいます。僕もこんなタイミングで、このブログを立ち上げたので、そう思われるかも知れません。

でも、僕は自分の力量と言うか、自分の実力が分かる大人なので、大手を振ってブログで稼ぐとは言えない。いやっ、稼げるならそれに越したことはないけど、なんか気合を入れて「稼ぐぜっ!!」って気にはなれません。

もちろん、アフィリエイトをして稼ぐために記事を書くというのも否定はしないよ。できるならやった方が良い。

僕は、そう思うだけ。

なので、このブログを読んでくれるなら、そんな気持ちで読んで欲しい。

ブログはアングラな文化だよ

これは最近、グーグルとかの検索結果を見て思うんだけど、昔はもっと個人ブログ、面白い読み物があったような気がする。誰も興味がないことでもアツく語っているようなブログ。

おそらく、誰の役にも立たない(その分野の人の役には立っているのかも)くだらない文章なんだけど、何か引き込まれると言うか、そんなブログが多かったような気がします。

例えば、神奈川県の高校野球について、やけに熱く語り、甲子園予選の全結果や観戦の感想だけではなく「○○高校の何番は中学校の時は~」なんて野球に興味がない僕からしたら、そんな情報を知りたい奴なんているのか? って感じのブログ。

興味がないんだけど、読んでしまう。で、読んだ後に何が残ったのかと言われても、特に何も残っていない(笑)

そこまでアツいブログが書けるかと言ったら無理だと思うけど、個人ブログなんてそんな感じで良いと思う。

稼ぐためのブログなんてクソ喰らえ

ハッキリ言って今の流行なのか、ブログって同じようなテンプレートでドコでも手に入るような情報を配信して「だから買ってね」みたいなクソブログが多くなってきた気がする。

もちろん、面白いブログもあるし、ブログを読んで「これ、買ってみようかな」なんて思うような上手い(?)ブログもある。

本当は僕もそんな(金儲けできる)ブログを書けるならやりたい。でも、ブログってweb上のログ(行動記録)で良いと思う。

このブログは、行動記録である意味、僕の日記。思ったこと、考え方なんかを書き綴っておいて、いつか見返して「ああ、こんなこと思っていたな」と思えれば良い。

そして、たまたま読んだ人が笑ってくれれば最高です。

書くことに意味がある

金儲けが出来ないならブログを続ける意味ないじゃん?

なんてことはなくて、ブログを書くことで自分の気持ちを整理できると言うか、書きながら「ああ、俺、こんなこと思っていたんだ」って言う気づきがあります。ブログってそれだけでも価値があると思うんですよ。

ブログを書くことで、どうやったら相手に伝えらるかを考えるようになるし、頭の中を整理できるので説明することに慣れる。それって社会人、特に社会的立場が上がってくると必要になるスキルなんです。

だから、ブログは「読む人に役に立たないとイケない」とか「悩みを解決してあげよう」なんて思わなくても良い。

経験や考え方を書き綴っておけば「こんな考え方もあるんだ」とか、読む人のヒントになると思う。

まずは自分が思っていること、考えていることを整理して文章に出来るようになるって目標でも良い。それから、金儲けがしたかったら、そのスキルを使って金儲けに走れば良いんだよ。

と言うことで、取り留めのない話を書き綴ります(笑)

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました