戦わないといけない理由と大人の戦い方

スポンサーリンク

男には「戦わないといけないとき」がある。そして戦うなら負けてはいけない。若いときは腕力がモノを言うけど、大人になって暴力を使った戦いをすると社会から抹殺されてしまいます。

なので、大人の戦い方がある。あくまでも冷静に相手を打ち負かす。間違っても、ひとりで戦ってはダメだ。頭を使って、周りの人の感情と欲望を味方につける。多数人を味方につけることが出来れば、戦わずとも勝てる。

ーーー

僕はどちらかと言うとヘラヘラして「こだわり」なんて持っていないように見せて生きています。でも実はかなり『こだわり』が強い。なので、多くの人と対立もするし仲間にもなれる。敵も多いけど味方も多い。そして、負けず嫌い。(自己分析はできている)

生きていれば、戦わないといけない場面は必ずあります。揉め事は避けたいと思うけど、訳の分からないことを言って妨害してくるヒトがいるので戦う。

僕は平和主義じゃないので、そんな時は徹底抗戦します。僕は他人に僕の価値観を押し付けることはしません。そして、他人から価値観を押しつけられると腹が立ってしまいます。

別にこだわっていないことなら、相手にしないと言う選択肢を選ぶけど、僕がこだわっていること、僕の価値観を侵害してくるヒトとは徹底抗戦。

なあなあで誤魔化すなんてことはしません。戦わないと状況は変わりません。

逃げていても変わらない

僕は『現状維持は退化』だと考えています。良くも悪くも先に進まないと成長はありません。コレが僕の価値観、考え方。

なので現状に満足しているヒトとは良く衝突します。少しでも前に進みたい僕となあなあで誤魔化すヒトじゃ価値観が違います。普段はヘラヘラしているし、相手にしていないんだけど、僕の行動の邪魔になる場合は、徹底的に排除する。譲らない。

他にも、僕を潰そうとする奴だったら徹底抗戦します。黙って逃げてると言う選択肢は僕の中でない。ぶん殴ってでも排除します。

ただ良い歳の大人が暴力を振るった時点で負け確定なので手を出すことはありません。

言い争いがしたくないと逃げることを選択する人もいますが、僕は逃げたくない。逃げて上手く行ったことはありません。「逃げるが勝ち」なんてことはありません。その瞬間は逃げると上手く行ったと思うかもしれませんが、先々を考えると逃げていると「逃げ癖」がつき、戦うことがなくなってしまいます。

戦うための経験値が身につきません。経験が強くなるための一番の近道です。

戦うなら負けられない

戦うことになったら、どんな手を使おうが負けてはいけません。必要であれば卑怯な手を使ってでも勝つ。例え負けたとしても前向きに負けたい。逃げたくありません。

戦うことで敵も増えるけど、味方も増えます。戦っている姿を見せることで戦いを挑んでくるヒトも寄ってこなくなる。Win-Winの関係。

実際には味方になってくれる人は全体の2割で敵になる人も同じく2割くらい。残りの6割は傍観者です。僕は2割を味方につけていれば良いと思っています。そして戦う姿を見せることで傍観者の6割は僕に戦いを挑んでこなくなります。

問題は、僕が敵認定をしている2割の人たち。僕は誰からも好かれたいとは思わないので必ず敵がいると思って生活をしています。なので、ヘラヘラしているけど、いつも戦闘態勢を整えています。

ただ感情だけで戦っても勝てない。大人になって戦わないといけない状況の時は、出来るだけ感情を押し殺し、冷静になる必要がある。間違っても声を荒げたり、手を出すことはいけません。

喧嘩のときは冷静さを失った方が負けると昔、先輩に教えてもらった。

大人の戦い方

戦う場合、冷静に情報を収集する必要があります。

戦いに勝つ方法は、相手より強くなること

そのためには情報が必要になります。そして情報を集めて、冷静に状況を分析します。勝つためには自ら手を出す必要はありません。多人数の世論を集めれば、自ずと勝てるようになります。

この世は、なんだかんだと言っても多数派が有利です。先ほども言いましたが、2割味方と2割の敵、そして傍観者の6割がいます。6割の傍観者を味方につけた方が勝ちます。なので、その6割の人たちを味方につける戦い方をする必要があります。

相手が感情的になって威圧的な態度で挑んでくるかもしれません。だからと言ってこちらが感情的になる必要はありません。ビビッたり、怒ったりしてもプラスにはならない。

大人の戦いは静かに冷静になった方が強い。相手のドコを攻めるか、冷静に分析して一気に突破する必要があります。感情的になると自分のことをコントロールできずにボロが出てしまいます。それに加えて、冷静で落ち着いている方が正しいと勘違いをされるようになります。

勘違いをさせてでも6割の傍観者を味方につける必要があります。感情的に騒いでいる人と冷静に判断をしている風の人では、どちらが強いと思いますか? 間違いなく、冷静沈着の人の方が正しいと認識されます。

大人の戦いは情報戦。戦うには相手の話を鵜呑みにせず、綻びを見つけ、徹底に戦います。情報量が多い方が勝つ。勝つために必要な情報は戦う前から用意しておく必要があります。

感情的になればなるほど情報を整理できずにボロが出てしまいます。どれだけ自分が正しいかを相手に冷静に伝える。そして傍観者の6割の感情と欲望に訴えることが出来れば間違いなく勝てます。正しいか、間違っているかは関係ありません。どれだけ6割の傍観者を味方につけられるかが肝心です。

戦いになると言うことはお互いの意見が違っているので相手を納得させる必要があります。そんなときに数の暴力を振りかざせば、相手が納得する確率は上がります。

戦わないといけない理由

生きていれば必ず、行く手を阻むヒトが出てきます。争いなんて、誰も望まないけど戦わないといけない場面はあります。

そんなときに良い子になって、戦いから逃げているとやりたいことが出来なくなってしまいます。楽しく生きたいと思うなら、少し勇気を持って自分の身を守るために戦う必要があります。

戦わないことで得られるのは、現状維持。少しでも前進するためには戦う必要があるのではないでしょうか。

戦うって結構、勇気もいるし、労力も使います。でも生きていれば必ず、戦かわないといけないシチュエーションはがあります。

戦わずに泣き寝入りする必要なんてない。少しの勇気を持って戦いましょう。

その為には、相手を納得させるだけでなく、周りの人たちを味方につける。傍観者の6割の欲望と感情に訴えることで味方になってくれる確率が上がります。正しいことを言う必要はありません。

あくまでも、冷静に自分の意見を押し通せるようになりましょう。

僕の場合、冷静になれず、感情的に戦うこともあるけどね。

ではでは。

人間関係

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました