老眼が始まる年齢は? 近視でコンタクトをしていると訳が分からなくなる

スポンサーリンク

僕は中学生時代から近視でコンタクトを使用している。最近は老眼が始まり、老眼鏡を使用している。元々目が良い人だと裸眼に老眼鏡をかけると思うけど、僕の場合、裸眼にコンタクトをつけて近視を矯正、さらに老眼のため、老眼鏡で矯正。つまり、矯正の強制をしている。訳が分からない。

ちなみにメガネは遠近両用メガネを作っているので、メガネの上にメガネなんてことはない。メガネだと運動がしずらかったり、汗をかくとずり落ちてきてしまったりするのでコンタクトを愛用中。コンタクトをつけていると手元の字が読みにくいので、老眼鏡が必須になる。

大人気のハズキルーペを携帯していつも持ち歩くというのが、最近のスタイル。ちなみにハズキルーペをかけながら街を歩くのは危険です。全然、見えないし、目がグルグル回ってしまいます。

老眼を自覚する年齢

老眼が始まる年齢はおよそ40歳くらいからと言われている。遅い人でも50歳くらいまでに見えにくいと思うらしい。ちなみに僕は44歳の誕生日を迎えた頃から、老眼を疑い始めた。

実際に「老眼だ」と認めるまでには、それなりの期間と葛藤がある。誰にでも訪れる老化現象だと頭の中では分かっていても「俺はまだ若い」と思いたい。まだまだ現役、老化なんてしていないと最後まで抵抗をする。そして退化が進む眼と折り合いをつけて老眼を自覚する。

老眼の初期症状

僕は元々、裸眼では生活ができないレベルの近視だった。なので、ずっとコンタクトレンズを使用している。今思えば、老眼の自覚症状が出始めたのは、44歳の誕生日前くらい。どんな症状かと言うと「ピントが合うまでに時間がかかるようになった」のが最初だったと思う。

近くが見にくいと言うよりは、本を読んでいてテレビに視線を移したとき、ピントが合うまでにワンテンポ遅い感覚だった。じっと見ていると段々とはっきり見えるというような症状だ。

最初は家で感じた違和感だったので、家用のメガネが合わなくなったのかと思い、メガネを作り直したんだけど、度数は変わらずだった。なので、目が疲れていたんだと勘違いしていた。これが老眼の初期症状だったんだと思う。

基本的に外出時はコンタクト

コンタクトをつけて仕事をしていて、気づいた頃には細かい字が読めなくなってきた。朝や昼は良いんだけど、仕事帰りになるとスマホの文字が読みにくい。今までよりちょっとだけ、スマホとの距離を離すと見える。

でも、夕方だけだし「目が疲れているんだろうな」なんて思っていたんだけど、人生の大先輩方に「それって老眼だよwww」って指摘をされた。でも、内心「自分はまだ、老けていないよ。老眼であるハズがなかろう」なんて笑っていた。

試しにコンタクトレンズ装着した状態で先輩の老眼鏡を借りると「なんということでしょう」めっちゃクリアに見えるじゃん!! 自分が老眼であると認めざるを得ない。

もうね、一度、自分で老眼を認めると心の葛藤もないし「ごめんよ。おいら老眼だから読めない」と躊躇いもなく、一気に優しい気持ちになれました。

老眼を認めてからは

老眼を認めてからは、メガネを遠近両用にした。ただ普段からコンタクトレンズを使っている僕としては会社に行くときは遠近両用のメガネが使えない。バイクの運転時もメガネよりコンタクトの方が便利だしね。

コンタクトレンズでどうしても生活がしたい。基本的にコンタクトで近視を矯正しているので遠くは見える。手元の細かい字が見えないだけ。そこで、目が良い人と同じ方法で老眼鏡を使うことに決めた。

コンタクトレンズで近視を矯正して、さらにハズキルーペで老眼を矯正する。もう完璧。なんか訳が分からないけど、とりあえず、上手くいっています(笑)

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました