空気が読めない。読む気がない

スポンサーリンク

いつの間にか、空気を読まないと白い目で見られるような世の中になってきたよね。と言うか、ずっとそうだったのかもしれないけど。僕が育った昭和の終わり、平成の初め頃までは、空気を読まなくても、周りに人が集まってくれてた。

僕は空気が読めません。読みたくもない。空気は生きるために吸うもんであって、読むもんじゃない。特に関東ではね。なんか京都とかは昔から空気を読む文化らしい。空気が読めない人は「野暮だ、何だ」と言われるみたい。僕は「野暮」で良いもん。空気なんて読みたくない。

リアルな世界でも空気を読まなんだけど、空気を読まないのがキャラとして定着すると空気を読む必要がなくなる。やっぱりキャラって大事。もうね、何があっても動じない。賢者なのか、愚者なのか分からないけど空気を読まずに、言いたいことを言う。

空気を読む必要はない

僕の経験上、空気を読む必要なんてなくて、言いたいことは言った方が良い。それで叩かれるかもしれない、何も知らないアホだと思われることもある。でも、誰かの考えじゃなくて、自分の意見を言える人は嫌われない。と思う。自信はないけど。

ただ、嘘はつかないし、誰も傷つけないようには気を使っている。ちょっとは空気を読んでいる。内心は「みんな、言いたいことを言おうぜっ。俺が先陣を切るからついて来い」みたいな。誰も言いにくいけど、言いたいことを言っているつもり。

まあ、取らなくて良いリスクを自ら取りに行っているので、ある意味、バカなんだけど、それでも良いじゃん。空気を読み合うなんて「クソ、つまんないんじゃー」後でコソコソ文句を言うくらいなら、目の前に言って玉砕した方が良い。「俺の生き様を見ろっ!!」って心意気。僕って漢。男の中の男(自画自賛)

なんかさ、暗黙のルールって言うの? 「これ、言ったらマズい?」なんて考える必要はなくて、自分の価値観を大事に生きようよ。価値観をさらけ出して生きていると思ったより嫌われない。ごめん、嘘。嫌われるよ。嫌われるけど、可愛がってくれる人も同じ位いる。それで良いじゃん。みんなから好かれる必要なんてない。

空気は読まない

みんなで空気を読もうとするから「忖度しないといけない」なんて思うバカが出てくるし、「きっとこう言うことなんだろうな」なんて聞き分けのある良い子ちゃん風にして、勘違いするバカが増える。ストレートに言葉をぶつけりゃ良いのに「こんなことを言ったらバカにされる」とか「相手にどう思われるんだろう」なんて余計なことを考えちゃう。

そんなのムダなストレス。もうね。現代人はストレスを溜めすぎ。僕なんて思ったことをすぐに口にしちゃうもんね。そんなキャラだと思われているから「ちょっと、コレ言ってよ」なんて頼りにされる。言ったところで変わらないかもしれないけど、どっかに引っかかってくれれば、それだけでOK。

問題児だと思うよ。社会に適合できてないと思う。でも、それで良いじゃん。「空気を読めないけど、なんか言っていることは正しいんだよね」ってキャラで十分。本音で話さないと味方も敵もできない。

まあ、よくよく考えると敵の方が多いかもなあ。

ではでは。

人間関係

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました