ブログのネタがないときは考え方を変えてみよう

スポンサーリンク

ブログを書くネタが見つからないと悩んでいたんだけど、ちょっと自意識過剰だったかもしれないという話。

ブログって昔はもっとアングラな世界で本当にマニアックなネタを書いて身内、同じ価値観の人と狭い関係で盛り上がっていた。万人に向けた情報発信というより、コアな人たちに向けて情報を発信していた。

黎明期の個人サイトなんて全然興味がないことを淡々と記事にしていた。今は誰でもブログを書ける環境になったから、副業で「ブログを書いて小遣いくらい稼ぎたい」とか「たくさんの人に読んでもらいたい」なんて色気を出そうとしてしまう。

色気を出してしまうから、面白いことを書かないとイケない。とか、役に立つネタが必要だ。なんて、思ってブログが書けなくなってしまうんじゃないかな。

以下の記事の続き。

ブログのネタがない

ブログを書いていて一番困るのはネタがないとき。次に困るのがネタはあるけど、どうやって伝えるかを考えるときだと思う。

ブログを始めたばかりのときは「何か書かないと」と思っても、何を書いて良いのか判断がつかないときって思っているより多い。僕も書くネタがなくて焦るときがある。こんな雑記で更新をしていても、結構、悩んでいる(笑)

でも、ブログのネタって生活をしていれば書こうと思えば、何だってネタにできる。ただ、こんなことを書いても「誰も読んでくれないんじゃないか」なんて思うから書けないだけ。

読んでくれる人のために書くのも大切だけど、自分語りでも良いと思う。10,000人中1人は笑ってくれるかもしれない。それで良いと思う。SEO的には良くないけど。

読まれたいと思うのは分かる

分かるけど、承認要求を満たすというか、みんなに認めてもらいたいと思いすぎなくて良いと思う。もっと個人ブログはマニアックで良いんだよ。「誰も興味がないだろうな」なんて思っていると何も書けなくなる。

アクセスを増やしたい、金儲けがしたいというのが理由でブログを書いているなら、それなりに考えて「役に立つブログ」を書けば良いんだけど、そればっかりだと個人ブログの良いところが消されてしまうと思う。

結構有名で「ブログでご飯を食べてます」というブロガーさんも最初の頃の記事は、自分語りと言うか、どう見ても「役に立たんだろう」という記事を書いている。そんな記事でも、まずは書くこと。書くことで文章も上手くなるし、どうすればアクセスが集まるか、どんなネタだったら喜ばれるかが分かってくる。

まずは書くことに慣れるというか、書くための基礎体力を身につけるために、ひたすら書く。

慣れてからでも全然OK

最初はブログ、文章を書くことが難しいと思うんだけど、そのうち書くことに慣れてくる。書きながら、ライティング、マーケティングについて学び、アクセスを集める方法だったり、役に立つネタの見つけ方だったりを身につけていけば良い。

変な話、ブログって書き換えたり(リライト)削除したりするのって得意。紙の媒体と違って「ヤバっ、誤字だ」って気づいたら修正できる。こんなクソネタは削除しようとかもできる。

なので、あまり気にしなくても良いと思う。最初から上手く書こうとするから、書けなくなってしまう。2000年頃の個人サイトなんて本当に興味がない(失礼ですよね)ネタのサイトが多かった。

今はみんな色気をだそうとして挫折してしまう。挫折するくらいなら60点の記事を書いた方が成長すると思う。公開してから100点に近づけようよ。いつまで経っても100点の記事なんて書けないんじゃないかな。

なんて自分の駄文の言い訳を考えてみた。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました