何も考えずに生きていた

スポンサーリンク

僕は「人生ヒトまかせ」どうにかなるよ。なんて何も考えずに生きてきた。親に言われた通りに勉強をして、大学に入り、ある一部上場の企業に就職した。そのまま、定年退職するまで小さな幸せをかき集めて生きるという選択肢もあった。実際に安定した生活を送ることはできたと思う。でも、それって僕の人生じゃなくて、誰かの敷いたレールの上を走っているだけ。

いやっ、今考えるとそっちの人生の方がラクだし、良かったのかもしれない。でも、僕は自分の選択に後悔をしていない。何も考えず、誰かが決めた方法で生きるより、自分で考えて、行動して責任を取る人生の方が生きているって思える。

もし、生き方について悩んでいるなら、ちょっとは役に立つと思う。人生に正解なんてないんだけど、どうせなら自分の人生を楽しもうよ。僕はあることがきっかけで、人生を楽しむことにシフトした。

「人生ヒトまかせ」のクソみたいな生き方から、自分の人生を楽しむことにシフトしたのは、社会人1年目から3年目までツルんでいたある娘の影響。本当はその娘とあんなことやこんなことをしたかったんだけど、手を出せなかった。いやっ何度もチャレンジはしたよ。したけど「私たち、良い友達だよね」なんて言われて何もできなくなったチキン野郎です。

後悔しない人生を送るためには、好きなこと、やりたいことを見つけて、それを実現するために一生懸命頑張ること。誰かのために生きている訳じゃないんだよ。自分の人生を楽しもう。

年下の娘に諭される

僕が新卒で就職した会社は大手。それこそ、グループ会社全体で同期って約200人以上いたと思う。同期は結構、良い大学を出てきた人ばかり。僕はというと三流大学の大学院を修了して大学院生枠で入社をした。やりたい仕事だったわけではなく、就職大氷河期時代だったので、カネを稼ぐためならドコでも良かった。

なので、あんまり仕事も頑張らず、クビにならない程度にサボっていた。出世とかにも興味がないし、頑張る必要を感じていなかった。仕事中は、死んだ目をして、定時後の合コン、飲み会に命を懸けていた。学生気分が抜けず、チャラチャラとしていた。

その娘とは、入社式で顔を合わせてから、仲良くならないだろうと思っていた。生きているステージが違い過ぎる。学生時代に『読者モデル』をしていたらしく、超可愛いんですよ。そして、男性に負けないくらい仕事を頑張っていた。僕とは正反対の人種。なので、仲良くはならないと思っていた。

人生を楽しむとは目標をもつこと

その娘は、今でいう「意識高い系」だったんですよね。意識が低かった僕からするとハッキリ言ってウザい。こちとら、25年かけて磨き上げた『ヘタレ人生』を武器に残りの人生逃げ切ってやると思っているのに、意見がアツい。言ってくることがとにかくアツい。当時、彼女は22歳。僕は25歳。3つも年上なのに何か僕の方が年下みたいな感じ。

「やりたくないのに何で働いているんだっ? そんな気持ちで仕事をするなら辞めちゃえよ」とか「誰かが助けてくれると思うな」とか「死ぬときに後悔しない生き方をしろ」とか、顔は可愛いのに言うことがキツい。僕の生き様を全否定してきた。グサグサとえぐってくるんですよ。

そこは惚れた男の弱いところ「もしかしたら」なんて下心もあって食らいつく。その娘の言いたいことは理解できるけど、それまでの『ヘタレ人生』に慣れ親しんでいた僕は急には変われない。

その娘が言いたかったことは、人生を楽しむためには、自分で考えて、やりたいことをみつけて、その目標に向かって突き進めってことだったですよね。

今なら分かるよ

当時の僕は、年下の娘に怒られている意味も分からなかった。とりあえず、仲良くしていれば、あわよくば、なんてゲスなことしか考えていなかった。でも、今なら言っていた意味がよく分かる。

会社にいて言われたことをしているのはラクだし、大半の人間はそんな人生で満足をしているんだと思う。でも、僕にはそんな生き方はムリだった。好きでもない仕事をして、怒られないように、クビにならないようになんて本当にネガティブに生きていた。でも、年下の娘と飲んで語って(怒られて)僕がモヤモヤとしていた理由が分かった。

やりたくないことを一生続けても面白くない。って心のどこかで気づいていたんだと思う。だから、会社も辞めてやりたいことをやろうと考えられるようになったんだよ。何も考えずに生きるのはラク。でも、それじゃ人生、面白くない。何も考えずに生きていて、死ぬ間際に人生楽しかったなって思えないんじゃないかな。

それなら失敗してもやりたいことをやって、人生を楽しみたい。

何も考えずに生きるのは危険

何も考えずに生きるのは、かなりのリスクがある。誰かが敷いたレールの上で生きるのはラクなんだけど、どこまでレールが敷かれているか分からない。誰かの言われた通りに生きていると何かがあったときにどうしようもなくなる。

会社だっていつ潰れるか分からないし、リストラに合うかもしれない。いきなり、レールから外され「今日から君は自由だ。好き勝手生きろっ!!」って言われても何もできない。それなら、自分で考えて、やりたいことをみつけて、その夢に向かってガムシャラに生きていた方が楽しい。もちろん、リスクもあるけど、今の時代、何をしてもリスクはついてくる。なら、楽しんだ方が良いじゃん?!

その娘とツルんで飲み歩いて、語り合い、僕の考え方は変わった。変えてもらった。今じゃ連絡も取れないけど、良かったと思う。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました