クサい中年。加齢臭とミドル脂臭の対策

スポンサーリンク

40歳すぎて、若いふりをしているけど、それなりに老化が進んでいます。本当に嫌になってしまうが、僕も順調に歳を重ね「オヤジ臭」が漂い始めた。

リアルでは、なかなか自慢できる話ではないので、このブログに書き綴る。早い人だと30代半ばから加齢臭は始まる。僕も例に漏れず、40歳を過ぎた頃、自分の枕のニオイに参ってしまった。

油の腐ったニオイ。。。

第一印象は「俺も歳を取ったな。。。」とかなり凹んだ。ただ凹んでいてもニオイは消えない。おそらく自分で気づくと言うことは、周りはもっと早く気づいていたハズ。人間、自分のニオイには鈍感だ。

僕は、他人に内緒で加齢臭対策をしている。モテたいとか、嫌われたいとは思っていない(多少は思っている)けど、オヤジのエチケットだと思う。

オシャレの前に「オヤジ臭対策」

きっと世間の中年は無頓着だと思うニオイ対策。良いニオイの女性が大好きな癖に自分のニオイには無頓着なおじさんが多い。電車に乗っていても結構「クサい」。同性、それも中年の僕が気づくんだから、女性は思っているハズ。

お前、親父クサいぞっ!!

多分、心の中では思っている。ただ声に出せないだけ。職場の女子にも影では「マジ、クサいんだけど~」なんて話をされているかもしれない。

いくら着飾っても、漂うスメルでは嫌われてしまうぜ!!

そもそも何故クサい?

僕もまさか、自分が加齢臭について調べるとは思わなかった。調べているうちに判明したことだけど

オヤジ臭の原因は、ひとつではない

オヤジ臭と聞いて浮かぶ「加齢臭」は50代から目立つようになるらしい。そもそも、男性のクサさは「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」があって、若い頃は「汗臭」が体臭のメイン。

ミドル脂臭の素は「ジアセチル」という成分で、加齢臭のニオイの素は「ノネナール」という成分。そして「ジアセチル」の方が不快なニオイ。

30代頃から段々と「ミドル脂臭」が出てくるようだ。ぶっちゃけ、ミドル脂臭でも、加齢臭でも何でも良いから、不快なニオイと「おさらば」したい。

細菌を洗い流すのが重要

「ミドル脂臭」も「加齢臭」は身体に残っている皮脂とその皮脂や汗をエサにする細菌が原因。根本的な対策は、しっかりと洗うこと

僕だって、お風呂で頭と身体は洗っていた。だけど、普通のボディーソープやシャンプーで洗ったくらいじゃ対策にならない。そのときはニオイが取れるんだけど、直ぐにクサくなってしまう。

僕は潔癖症じゃないけど、ベタベタの汗とか気持ち悪いから毎日、洗っていた。でも、クサくなる。残念だけど「加齢臭はしつこい」

家族で同じシャンプーやボディソープを使っていることが多いと思う。できれば、加齢臭対策用の『薬用』を使った方が良い。

シャンプーごときに数千円も出すのは、もったいない。なんて思っていたけど、使ってみたらニオイが軽減された。

安くはない。1,000円以上する。でも、メンソールが入っていてスース―して気持ちい良いし、さっぱりする。匂いで誤魔化しているんかなく、素からニオイ対策ができている気がする。

ちなみに調子に乗ってボディーソープも同じシリーズにした。

この『薬用』というのがミソだと思う。ちなみにシャンプー、ボディーソープどちらも香料は強くない。匂いで誤魔化している感じがないのがお気に入り。

臭くて嫌われるなんてイヤだ

「僕の性格が悪いから」とか「生理的に受け付けない」なんて理由で嫌われるのは、しょうがないと思う。諦めがつく。

でも嫌われる理由が「クサい」なんてマジで凹む。歳を取っても、ある程度は女子たちにチヤホヤされたい。チヤホヤされなくても嫌われたくない。

特別なことをするのではなく、特別なツール(シャンプー、ボディソープ)を使うだけで、軽減される加齢臭。身体に染みつく前にしっかりと洗い流す。

しっかりと対策をしてから、女子との距離が近くなったような気がする。ちょっとだけ自信が持てている。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました