趣味車として『NAロードスター』を選んだ理由

ロードスター
スポンサーリンク

クルマという道具に対する『こだわり』は人によって全然違う。多くの人にとってクルマは単なる移動手段で、ボロでも走れば良い。

でもクルマ好きからすると話は変わってきます。まさに『愛車』。ただの工業製品ではなく、愛を持って接するようになるのです。

スポーツカーであれば、カッコ良いエクステリアが求められるし、心が躍る運動性能、感性にマッチしたステアリングフィールが求められる。

さらに屋根が開くなんて、とてつもない贅沢です。趣味のクルマとなれば、快適性や積載量、利便性や燃費などは、お構いなし。

趣味のクルマには、ムダも必要なのです。完璧なクルマではなく、ムダに思えるクルマにこそ『愛』を感じることができる。背徳感というか、所有欲を満たす感覚というか、一言であらわすことは難しいのですが、そんな感じです。

スポーツカーに限らず、VIPカー、旧車、どんなクルマでも同じで、クルマ自体を所有する喜びに加え、そのクルマに乗ることで得られる『経験』も全てが楽しい素敵なカーライフなのです。

趣味の車は『ただの移動手段』ではなく、乗ることによって得られる『経験』が大切なのです。

ロードスターは趣味車

2019年にロードスターは、デビュー30周年を迎えました。ロードスターは、その後、モデルチェンジをしながらも発売され続け、各モデルとも愛され続けている類稀なるクルマです。

ロードスターは一貫して、どのモデルも2シーターで利便性に優れたクルマではありません。家族での移動もままならず、幌車なので静寂性、快適性などを求めるクルマではなく、完全なる趣味車。

さらに、屋根が開くオープンカーなんて趣味以外の何物でもありません。

でも、そのムダが楽しめるヒト、心に余裕があるヒトになりたいと思いませんか?

何でも、利便性、効率を求めてセコセコと生きていると息苦しく感じてしまいます。移動時間を短縮するより、移動自体を楽しむ。そんな余裕を持つヒトの方が幸せになれる気がします。

足りないから愛せる

僕の愛車は1991年に新車登録されたNAロードスター(na6ce)なのですが、現代のクルマと比較すると足りないモノだらけです。

パワステ、エアコン、パワーウィンドウは付いていますが、ドアの集中ロックすら付いていません。ABS、横滑り防止装置、エアバッグなどの安全機能もなければ、パワーもありません。

現代のクルマに乗り慣れているとNAロードスターは足りないものだらけです。安全でも快適でもない。

だからこそ、愛くるしく感じることができるのではないでしょうか。

趣味車としてロードスターはおすすめ

NAロードスターは、約30年も前のクルマなので、維持をするためにはそれなりにお金と時間が掛かります。

僕の愛車の場合、購入してからも助手席側のパワーウィンドウの調子が悪い、センターコンソールのプラスチックを割ってしまった・・・などなどの不具合が出てきました。また、走行距離も長くなり、ミッションのリフレッシュをかけないといけない時期になってきました。

NAロードスターはそろそろ、旧車に片足をツッコミ始めたクルマです。僕はそんなNAロードスターを愛してやまないのですが、ロードスターは歴代『人馬一体』を味わうことができるクルマです。

2代目(NB)はNAより洗礼された走り、3代目(NC)はよりパワーを持ち、マッチョになりました。そして2021年に新車で買うことのできる4代目(ND)のエクステリアはグラマラスだし、見ていて飽きません。さらにNDロードスターは走りの面でも原点回帰をし、ライトウェイトスポーツカーとして高評価を受けています。

どの年代のロードスターでも共通するのは、運転をしていて楽しいクルマということです。はっきり言ってロードスターは贅沢な趣味車で、実用性は現代のクルマに比べて劣ります。

ただ、ロードスターは運転をして初めて感じることがとても多く、その「楽しさ」を上手く表現する語彙力が足りない僕が歯がゆいのですが、典型的な「乗ったら楽しいクルマです。だから、一度乗ったらハマる人はとことんハマります。運転をしないと分からない楽しさがあるのです。

NAロードスターだけじゃなく、歴代のロードスターを実際に運転することで、世界中で愛される理由が分かる。

愛され続ける理由がある

ロードスターは趣味車として完璧かというとヒトによって価値観が違うので一概には完璧とは言えません。実際にロードスターが発売された当時は、マツダと言えば、ロータリーエンジンを積んだ兄貴分である『RX-7』が存在しました。

クルマの正常進化として「よりハイパワーへ、より高級化」を求められ、大きな排気量、車体になっていくことに逆らっているロードスターは、世間からすると異なった方向性の進化のように感じるかもしれません。

でもロードスターの哲学は『人馬一体』であり、運転をしていて楽しいクルマ。パワーがなくても楽しめるライトウェイトスポーツカーとして進化することを目指しているように感じます。

気張らなくても良い、緩さがロードスターの魅力なのではないでしょうか。

少なくとも僕にとってロードスターは、気合を入れて走るクルマではなく、楽しく走らせるクルマです。環境問題もあり、これからは電気自動車の時代になる流れですが、令和の時代にロードスターに乗れたことは、一生の忘れられないことでしょう。

まだ、ロードスターを手に入れてから数日しか経っておらず、これから思い出を作っていくことになりますが、多くの先輩オーナーの方々が愛してやまない理由を少しだけ分かった気がします。

一生乗り続けるなんてことは思いませんが、出来るだけ多くNAロードスターと『経験』を作り、NAロードスターの魅力を残しておきたいと思います。

いつか、息子たちが大人になったときに「笑顔になれる」ようにNAロードスターとの思い出を作っていきたい。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました