坂本龍馬は究極の「人たらし」だったんだと思う

スポンサーリンク

僕は坂本龍馬に憧れている。言わずと知れた幕末の英雄だ。分裂していた日本を1つにまとめようと討幕派の薩長と徳川幕府に手を結ばせようと幕末の日本で活躍した人。

マジで、カッコ良い生き様だと思う。壮大な夢をぶちまけて犬猿の仲だった、薩長同盟を結び、最後は幕府まで仲間に引き入れよう。日本を1つにまとめないと海外から侵略されるって危機感を持って日本を駆けまくった。

最後は政治的なチカラで暗殺されちゃったけど、龍馬さんが生きていた明治時代も見てみたかったな。

実はあまり功績がない

龍馬さんの功績や生き様は小説にもなっているし、漫画にもなっている。幕末の時代劇なんかでも必ず、登場する人物なので知っている人も多いと思う。知らなかったら、ちょっとググれば出てくる。

坂本龍馬って何が凄いかって自分では大した功績をあげてない(笑)もちろん、薩長同盟とか船中八策とかあるけど、直接、時代を動かした訳ではない。実際、ひとりの浪人が日本を動かすなんてムリな話。でも、みんなを巻き込んで日本を変えちゃったんだよ。凄くない?

現代で言えば、ニート、フリーターが日本を変えちゃう。んなバカなって感じじゃん。すげ〜よ、龍馬さん。

究極の人たらし

坂本龍馬の凄いところは、誰からも可愛がられることだと思う。薩長を始め、幕府側の人間も巻き込めるなんて、普通の人だったら不可能。どちらからも可愛がられ、さらに女傑たちにも可愛がられる。

坂本龍馬は、究極の「人たらし」なんだよね。言い方は悪いかも知れないけど「龍馬が言うならしょうがねーやっ」とか「龍馬のために一丁、やったるかあ」なんて、みんなが助けてくれた。

だから、ひとりの浪人が日本を動かすことができたんだよ。みんなに可愛がられ、尊敬され、仲間を増やしていく。そして最後には日本を変えちゃう。周りの人たちもアツい野郎ばっかりだけど、それをまとめあげちゃう龍馬さんは凄い。

「人たらし」って凄い才能

人たらしって言葉は悪いけど、凄い才能だと思う。僕も人たらしを目標に生きている。僕の場合、40歳を超えて、自分の器と言うか、できることが大体、見えてきた。自分ひとりで出来ることなんて限られている。なので、周りに助けてもらいながら、夢を実現したいと思う。

「この人なら助けてあげたい」って思う人って、素直だし、ポジティブな人だと思う。僕のイメージでは龍馬さんは、そんな人だったと思う。だから、色々と教えてあげたくなるし、協力をしたくなるんだと思う。

龍馬さんは、いつの間にか周りに、夢の実現を手伝ってくれる人たちが集まり、一気に時代を動かすことができた。西郷隆盛だったり、勝海舟だったり、色々な派閥の重鎮たちに好かれる魅力があったんだと思う。それこそ、現代でも僕のように慕う人がいるんだから、凄いことだよね。

全員に好かれる訳ではない

かと言って、みんなが龍馬さんのことを良くは思ってなかった。いくら良い人でも、その価値観に賛同できない人がいる。そんなのしょうがないと思う。今までの価値観が大切な人だっている。嫉妬する人だっているし、邪魔だなって思う人だっている。

龍馬さんは、最後は暗殺されちゃったんだけど、全員から好かれるなんてことはない。何かを成し遂げよう、新しく何かを始めようとすると必ず、ドリームキラーって言うの? 夢を潰そうとする奴はいる。

誰からも嫌われず、好かれず生きるよりは、全然良いよね。コアなファンができる分、アンチも絶対に生まれる。誰からも好かれようとする必要なんてなくて、コアなファンを作ることが大切なんじゃないかな?

僕はまだまだ、龍馬さんのようにはできないけど、夢の実現に向けて、できることを続けて行く。「絶対ムリだ」なんて言われて諦める夢なら見ない方が良い。夢は絶対に叶う。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました