絶滅したライトウェイトスポーツカーを復活させた「ユーノスロードスター」

ロードスター
スポンサーリンク

昭和から平成に移り変わった1989年。初代ロードスターは生まれました。

バブル終焉前夜、元号が昭和から平成に変わった年に華々しくデビューしたユーノスロードスターは比較的安価な「ライトウェイトスポーツカー」として爆発的な人気となりました。

当時、日本のスポーツカーはパワーウォーズ真っ只中。ハイパワーがもてはやされ、パワーがない車は、スポーツカーじゃない。と言われていた時代です。

そんな時代に、小さく、軽くて、キビキビと走るロードスターは「運転を楽しむ」クルマとしてデビューしました。

その思想は、令和の現代でも脈々と受け継がれ最新のロードスター(ND)にも反映されています。

時代はパワー戦争

今でこそ、300馬力や400馬力を超えるスポーツカーが当たり前のように販売されていますが、1980年代〜1990年代は、速さと豪華さを兼ね備えたクルマが求められていました。

日本でもDOHCエンジン、ターボエンジン、ロータリーエンジン、フルタイム4WDを搭載したスポーツカーがクルマ好きの憧れ。当時を知る人であれば、スカイラインGT-R(R32)の登場のインパクトの大きさを知っていることでしょう。

280馬力の2.6L直列6気筒ツインターボエンジン、後輪が滑った分だけ前輪に駆動力が伝わる4WDシステムや4WSなど、先進的な機構が満載された「究極のスポーツカーだ」と誰もが思いました。そしてR33へと進化し、さらに大型化、豪華さを増していきます。

より大きく、より高出力へ

当時のスポーツカーはより大きなエンジンを積み、そのハイパワーでより速く走ることが正義だと考えられていました。

そんなスカイライン(R32)と同じ1989年にデビューしたユーノスロードスターの登場は世界を変えました。大袈裟ではなく、クルマの在り方について、多くのメーカーが考えるきっかけになっったのです。

スカイライン(R32)のようにハイパワーを電子制御し、4輪に伝え、速く走るという方向性とは全く異なり、軽量のボディを意のままに操るという「運転の楽しさ」を追求し『人馬一体』をコンセプトに開発されたクルマなのです。

ライトウェイトスポーツカーの復活

ライトウェイトスポーツカーとは1960年代のイギリスを発祥とする、その名の通り軽量なスポーツカーのことで、軽量、小型なクルマです。速さを求める訳ではなく「運転が楽しい」クルマとして意のままに操れるハンドリングを目指したスポーツカーでした。

クネクネとしたワインディングロードを小さなクルマと一体になりながら走る。速く走ることより、楽しく走ることが、ライトウェイトスポーツカーの目指すところでした。

しかし1980年頃になるとそんなライトウェイトスポーツカーの人気も下火になってしまいます。

さらにオイルショックも追い風になり、クルマの開発キーワードから「運転が楽しい」は消え、コストカットや燃費を追求するようになりました。一部のスポーツカーを除き、クルマは単なる移動手段のひとつとして開発されることが多くなってしまいます。

そんな中、彗星の如く現れたのが『ユーノスロードスター』です。オープン2シーターのFR、ライトウェイトスポーツカーとして「人馬一体」をキーワードに開発されたユーノスロードスターは、一度絶滅したライトウェイトスポーツカーを復活させたのです。

車重は900kg台。前後重量配分に気を配り、50:50の理想的な前後重量配分で、ドライバーのステアリング操作が自然に行えます。

「運転の楽しさ」を求め、ビッグパワー、FF車全盛期の時代に、あえて古典的な後輪駆動のFR方式を採用しました。

さらに自然なハンドリングを求め、サスペンションは4輪ともダブルウィッシュボーンにこだわりました。ハンドリングは軽やかで、路面からの情報をドライバーにダイレクトに伝えます。

ユーノスロードスターは、まさに「運転を楽しむ」ためのクルマなのです。

そして、ユーノスロードスターは世界中の自動車メーカーに大きな影響を与えました。

メルセデスベンツはSLKをBMWはZ3を発売しました。日本ではスズキカプチーノ、ホンダビートなど世界中の自動車メーカーが、こぞってライトウェイトスポーツカーを発売したのです。

ユーノスロードスターの人気は衰えない

発売開始から30年以上経った令和時代になっても、ユーノスロードスターのおしゃれなデザインは色褪せません。

ロードスターは『人馬一体』のライトウェイトスポーツカーとして進化し、現在でも、4代目(ND)ロードスターとして発売されています。

しかし、令和の現代でも、初代のユーノスロードスターでなければロードスターではないというファンが数多くいます。

メーカーであるマツダは、ユーノスロードスターのレストアサービスを始めました。

ユーノスロードスターは、徐々に値上がり傾向にありますが、まだまだ中古車で手に入ります。

買うなら今が最後のタイミングなのではないでしょうか。

NA6CE主要諸元

価格 170万円

全長×全幅×全高:3970×1675×1235mm
ホイールベース:2265mm
重量:960kg
エンジン型式・種類:B6・直4 DOHC
排気量:1597cc
最高出力:120ps/6500rpm
最大トルク:14.0kgm/5500rpm
トランスミッション:5速MT、4速AT
タイヤサイズ:185/60R14

コメント

タイトルとURLをコピーしました