普通に生きるって難易度高すぎ。左利きの憂鬱

スポンサーリンク

僕は生粋の左利きです。生まれて今日まで右手を信じたことがないし、これからも、右手に助けられることはあっても、右手を信じることはないでしょう。左手、左足、左目が僕のメインです。右利きの人が右でやることは、一部を除いて、基本的に左でやります。

僕が右利きと同じ仕様なのは、ギターとマウス、カメラのみ。スケボーもグーフィーだし、野球もサッカーも左。箸も、えんぴつも左。左利きは変わり者とか、変人とか言われますが、左利きが変人だったら僕は間違いなく変態です。もとい、変人です。

僕が左利きと知ると「左利きなんだ~。憧れるわぁ」なんて言ってくれる女子もいますが、基本的には左利きって言うだけで普通に生きて行く難易度は高い。この世の中は右利き仕様になっているんですよ。便利になって行けば、行くほど左利きの難易度は上がっていく。

でも、僕は左利きってことにマイナスなイメージはなくて、どちらかというと「誇り」すら持っている。ブライド、僕が僕である所以、そう、左利きの変態。

終わることのない戦いは続く

左利きって世界一有名なマイノリティだと思うんです。男女平等も大事だけど、左右平等もお願いします。

左利きの割合は全世界で約10%、人種、出身国に関係なくだいたい10%くらいの割合で存在しているそう。最近は、左利きに対するイメージが良くなりつつあるけど、昔は左利きは矯正されていたしね。不作法、マナー違反なんて言われた。

僕も危うく右利きに矯正されるところだった。僕が左利きっぽいと気づいた祖母が共生をしようと試みたそうだ。でも、頑固に左手を使い、祖母も矯正を諦めたそう。そんな小さいときから僕は空気を読まなかったんだね。

自分で選択した(?)左利きだけど、それなりに苦労続き。何をするにもハードモード。何でも先生のやっていることを頭の中で左右を変換してマネをしないといけない。道具なんてほとんど右利き仕様だし、字を書くのもそうだし、何をするにも右利き仕様の世の中だ。

右手、左手をいつも考える

おそらく右利きの人は「利き手」と「右手」を意識することはないと思います。でも左利きは、いつも左、右を考えている。もう考えすぎて考えるのが普通、無、もう考えているかも分からないレベル。

右利きの人は、意識していないかもしれないけど、例えば、自動販売機。自動販売機前で小銭を出すとするじゃん。左手に小銭を持つじゃん、左利きだから。そうするとお金を入れるのが右側だから、入れずらい。そうすると「おっ、右手に小銭を」なんて考える。僕の場合は、右手を信用していないので左手で無理やり入れるけどね。

自動改札だってそうだし、ドアだってそう、何をするにも左右を考えないとおかしなことになる。そんな小さいストレスを溜めてしまう。ちなみに左利きは右利きより短命なんて言われるんだけど、きっと、このストレスで心身的にやられるんだろうな。んな訳ないか。

最近は、ユニバーサルデザインで、老人、幼児にも使えるような工業デザインされているんだけど左利きに優しくないデザインも多い。大半の人は右利きなので、左利きのことを考えていないんだよね。

社会的弱者だから

左利きって社会的弱者なんですよ。老人や幼児、女性よりも社会的弱者。って言うか、お年寄り、子供、女性で左利きだったら詰んじゃうよね。しょうがないけど。

左利きっておそらく、左利きアンテナが高くて、テレビに出ている人の利き手がすぐに気になる。「あっ、この女優さんも左利きだ」とかね。右利きの役でも、ちょっとしたときに左利きっぽい動きをする。

最近、左利きだって気づいたのは、まいんちゃん、福原遥。いやっ、確証はない。違和感を覚えたのは、『ゆるキャン△』ってドラマ。ドラマ中は、右利きの役だったから、右手で包丁も使っていたし、箸も右手だったんだけど、スマホで写真を撮っている姿が左利きのそれだった。おそらく、左利きだと思う。女優根性を見たよ。

左利きなのかは、良く分からないけどね。

何が言いたいかというと、左利きは社会的弱者だから、仲間を探したい。同じ苦労をしている人がいるという事実が欲しいんです。マジで、左利きって言うだけで人生ハードモード。

なんだかんだと、僕は左利きを誇りに持っています。

ではでは。

自分語り

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました