日々成長。成長とは? ヒトとして理想に近づくこと

スポンサーリンク

社会人になってよく「成長しろよ」と言われたり「成長しないな」なんて言われます。子供のときの成長と大人になってからの成長は違います。子供のときのように身体が大きくなることが成長であれば、成長期を杉田大人は成長なんてしません。

大人になってからの成長って何なんでしょうか。

てる
てる

成長って何?

ひらめ
ひらめ

理想に近づくことだよ

成長とは「頭で考えた理想を実現するチカラを身につけること」だと思います。

ただ理想を完璧に実現することって不可能なので、少しでも理想に近づくことが成長。理想に近づくための確率を上げることが努力。なので、成長には「理想像」が必要です。

成長しない人って今、現時点の生活だったり、自分に満足している人なので、成長(理想に近く)する必要がありません。「成長したい」と思う人は、現状に満足していないので「あーなりたい、こーしたい」って色々と考えている。そして理想になるために色々と試行錯誤して、少しずつ理想に近づいていく。

それが成長です。

ひらめ
ひらめ

僕は現状に満足しない

僕は、現状の生活に満足していないなので成長したい。

人生における「成長」とは

社会人になってまで「成長しろよ」なんて言われるとは思いませんでした。身体も大きくなり、大学を卒業して十分に成長をしてきました。

これ以上、何を成長させるんだ

僕は欠点が多い人間なので、改善点はたくさんあります。例えば、好き嫌いが激しくて、誰とでも仲良くしようとは思わない。でも、そんな僕の態度を見ると「大人になれよ」とか「成長しないな」なんて言われます。

分かるよ。僕だって分かっている。みんなと仲良くして誰とも揉めない方がラクに生きれるに決まっている。でも、僕は自分の気持ちを押しつぶしてまで媚を売りくない。誰とでも仲良くすることが成長なのか? そうなのか?

「それって、あなたの理想像になる」と言うことですよね。僕の理想像じゃないから、そこには一生近づきません。つまり、あなたの言う成長は一生しません。

てる
てる

言い切ったな

ひらめ
ひらめ

僕の価値観では、必要のない成長なんだよ

成長とは理想に近づくこと

成長とは(自分の)理想像に近づくこと。他人から言われる成長は、その人の理想に近づくこと。自分で成長がしたいと思うのは、自分の理想に少しでも近づくこと。完璧な理想の人間には死ぬまでなれないと思います。

「理想の人間」になることが生きるための意義だと思う。だから最終形の理想の人間に近づくために自分でプレシャーをかけたり、時には他人にハッパをかけられて、現状を打開していく。そうやって人間は成長していくんだと思います。

「成長なんて必要ない」って言う人は現状の生活で満足しているのではないでしょうか。現状の生活が理想、もしくは理想がない人は成長なんて必要ありません。

てる
てる

確かに現状維持は成長じゃないな

ひらめ
ひらめ

理想が低すぎる

てる
てる

そんなことはないと思うぞ

僕は息子たちに「人間的に成長して欲しい」と思っています。ただ僕の価値観を押し付けて、僕の理想に近づこうとすることはして欲しくありません。なので、英才教育ではないけど子供のうちに「やりたいこと」を見つけて欲しいと思っています。

子供が「自分の理想像」を作るのが成長のためには必要だと思っている。だから、色々と体験して、多くの人と触れ合い、自分の長所や短所、他人の良いところ、悪いところをひっくるめて「理想の自分」を見つけて欲しい。そして、その理想を実現するための確率を上げて行って欲しい。

他人から言われる「成長しろよ」とは、その人が考える「理想に近づけよ」と言うことで言い換えると「俺が言った通りにしろよ」と言うことのような気がしてなりません。

例えば、会社の上司とかに言われる「成長しろよ」とは、その上司が求める理想の人間になれよってことだと思う。会社で「成長したな」って言われるときは「会社が求めること(理想)ができるようになったな」ってこと。

でも、それって他人が求める理想の人間であって、自分の理想ではありません。もちろん、僕も他人から「成長したな」って言われたら嬉しいけど、もっと嬉しいのは自分の理想に近づいたなって感じたとき。

少しでも理想に近づいたら「成長したな」って感じる。常に僕は「あーなりたい、こーしたい」って思っていいて、現状に満足をしていません。その理想、夢を叶えたいと思う。つまり成長したい。

成長するためには理想像が必要

成長とは「理想像」に近づくことです。なので、成長をするためには「どうなりたいかの『理想』が必要」です。ただ理想像なんて簡単に見つけられるものではありません。

早い段階で自分の理想像を見つけて、実現するために努力をしている人もいます。自分の理想像を持っている人は苦労を苦労と感じていない。理想に近づくために、成長することを楽しんでいるように見えます。

てる
てる

言っていることは分かるけど「理想像」なんてないぞっ!?

ひらめ
ひらめ

他人の理想に乗っかれば?

ただ、なかなか自分の理想なんて見つけられるものではありません。価値観だって変わってくるし、環境にだったり、置かれている立場だったり、年齢によっても理想像は変わってきます。なので、目標とする「理想像」は変わっても問題ありません。

こんな偉そうに言っている僕だって「理想の自分」なんて持っていませんでした。なので最初は他人の理想像に近づこうと成長をしていくんだと思います。子供のときは母親の理想だったかも知れないし、学校の先生の理想だったかも知れません。

他人の理想像だったかも知れませんが、目標の理想像があったから、その理想に近づく確率を上げるために努力をしていました。

つまり自分の理想像が見つかるまでは、他人の「理想像」を目標にしても成長はできると言うことです。嫌いな人の理想像になりたいと思う人はいないと思うけど、リスペクトしている相手の理想像に近づくことで、悪い方向に進む確率は低い。

好きな女性が求める「理想の男性像」に近づければ(成長できれば)他の女性に嫌われるようなことはありません。理想の男が「破天荒な男」の確率は低いですよね。誰からも好かれる男性像の確率が高い。

例えば「あんな先輩みたいになりたい」と思うのであれば、その先輩を理想にして近づく努力をすれば良い。理想に近づくために何をすれば良いのかを考えて行動することで成長をしていく。

そうやって理想に近づくための行動をしていれば、そのうち「自分の理想像」が作られてきます。

不満があるから成長する

僕は聖人君子ではないので、色々なことに不満や文句があります。その不満って僕の理想とかけ離れているから出てくる訳であって、現状に満足していたら不満なんてありません。

理想があるから文句や不満が出てくる訳で、その不満を解消するために何か行動をするから成長するんだと思います。何も不自由なく、不満もなかったら僕は成長しません。

その不満が外(他人)に向かうんだったら環境を変えれば良いし、自分の不甲斐なさから来る不満なら自分で解決をするための行動を取れば良い。

理想に近づくのが成長

理想に近づくことが成長。そして人生に成長が必要な理由はできるだけ理想に近づきたいから。その確率を上げるために考えるし、行動をしていく。

だから僕は「成長なんて必要ない」と思う人はいないと思う。現状の生活で満足している人なんていませんよね。

現状の生活で満足しているなら成長する必要はありません。でも、文句も不満もない人っている訳ないじゃん。いるのか?

「社会が〜」とか「環境が〜」なんて何でも他人のせいにしている人は成長しません。もし、そう思うなら環境を変えた方が良いし、環境に依存しているなら、その環境で生きるしかありません。

そうじゃなくて、自分には何が出来るんだろうって考えて成長した方が100倍楽しい生活が送れると思います。

自分の理想に近づくために成長をしましょう。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました