初めてのドライブ。NAロードスターでいく親子二人旅〜前編(〜箱根)

ロードスター
スポンサーリンク

NAロードスターが我が家にやってきたのは、コロナ渦で東京や大阪に緊急事態宣言が出ていたGW前。僕が住んでいる地域では、蔓延防止等重点措置が適用されていたので本来は外出自粛をする必要があったのですが、1年以上も続く自粛生活の息抜きに県内のドライブを決行しました。

GWの中頃、箱根までロングドライブ。それも20年ぶりのMT(マニュアル)のNAロードスターで初高速、初ロングドライブです。緊張の連続でしたが、良い思い出になりました。

普段だったら、ミニバンで家族旅行をするのですが、今回は下の息子(小学5年生)と男ふたり旅。

日帰りでしたが、久しぶりの遠出で楽しめました。

ただ、MTのNAロードスターは箱根の登り、渋滞はドキドキでした。

日帰りで箱根へ

我が街から東名〜小田原厚木道路経由で箱根に向かいます。個人的には何度も訪れている箱根なので、ナビがないNAロードスターでも問題はありません。ちなみに帰りは小田原〜西湘バイパス〜江ノ島を通って帰るルートの予定でした。

往復200kmの日帰りドライブ

今回のドライブは、感染リスクを少しでも下げるためにマイカーでの移動が中心です。小学生の息子と一緒なので、芦ノ湖の『海賊船(遊覧船)』や『ロープウェイ(大涌谷)』に乗せてあげたかったのですが、次回にお預けです。

今回のドライブの目的は「大涌谷の『黒たまご』を食べ、寿命を7年間のばすこと」そして「小田原城を見ること」にしました。

というのも、上の息子(高校1年生)が小学生のときは、よく家族で旅行に行っていたのですが、下の子はお兄ちゃん予定に引っ張られ、あまり旅行らしい旅行をしていなかったので、神奈川に住む人間として、神奈川の良いところを見せたかったんです。

神奈川の観光地として箱根は外せません。コロナ渦で、ゆっくり温泉に浸かってくることができず、残念でしたがそれなりに楽しんできました。

NAロードスターでの高速道路

今回のドライブのもうひとつの目的は、先日、我が家に嫁入りしてきたNAロードスターの限界チャレンジ(?)でした。初の高速道路で、どれくらい走れるのかを確認しました。

はっきり言って、1.6LのNAロードスター(NA6CE)は速くはありません。気持ち良い巡航速度は80〜90km/hです。頑張れば120km/h位は出そうですが、高速道路の段差で跳ねるし、ガタガタと車体がよじれます。特に幌を閉めているとガタガタとする気がしました。

小田原厚木道路の平塚PAで幌を開け、オープンで走ったのですが、幌を開けることでガタガタ音は少なくなりました。その変わり、エンジン音と風切り音で会話は行えませんが・・・。

やっぱりロードスターに乗るのであれば、基本オープンですね。はじめてオープンカーで高速道路を走りましたが、気持ちが良かったです。思ったより風を受けることはなく、快適でした。

ちなみに、30年前のライトウェイトスポーツカーであるNAロードスターより、現代のミニバン、ステップワゴン・スパーダ(2015年新車購入)の方が速いし、快適に追い越しも行えます。

どちらが運転が楽しいかというとNAロードスターの方が楽しいのですが、クルマとしての性能ではステップワゴン・スパーダの方が断然良いですね。

箱根路登り

NAロードスターはパワーがないと言われますが、実際に「天下の剣」と言われる箱根の登りでも問題なく登れます。実際には3速、ちょっと急勾配であれば2速とギアの選択をしながらすんなりと登れました。

以前、クロスカブ110で登ったときはギアの選択が難しかったのですが、NAロードスターは基本的には3速、スピードが落ちていて急勾配であれば2速で登れるパワーがありました。

車体が軽いので、それほどパワー不足を感じませんでした。もちろん、限界走行を行う場合はパワー不足を感じるのかもしれませんが、常用域では問題ありません。

朝イチで大涌谷へ

大涌谷の駐車場の営業時間は、朝9時から午後5時まです。早く着いても営業時間までは待つ必要があります。ちなみに料金は、普通自動車は530円 、バイク110円です。滞在時間の制限はありません。

ちょっと出遅れると駐車場に入るまでには数時間かかったりします。なので、朝イチで大涌谷へ向かいました。自宅を出発したのが朝7時前、東京に緊急事態宣言が出ているからなのか、東名、小田原厚木道路、そして、いつも渋滞をしている箱根湯本駅周辺も渋滞がなくスムーズ。8時40分頃には大涌谷の下で駐車場待ちの列に並べました。

8時40分頃でも数十台の駐車場待ちの列ができていて、係員のおじさんが出ていました。ただ、9時になると徐々に駐車場に入れるので、9時20分過ぎには大涌谷観光ができました。

天気も良く、富士山が綺麗に見ることができました。なんだなんだと言っても富士山って凄いですよね。息子も大はしゃぎして富士山の写真を撮っていました。なんと言っても日本一の富士山の存在感は半端ない。

ちなみに、大涌谷へと登る道では、ずっと坂道発進でした。後ろのクルマにピッタリとくっつけられ、数十センチも下がれない状態での坂道発進の連続は緊張の連続でした。急な勾配のときはサイドブレーキを使っての坂道発進。それでも数回、エンストしちゃいました(笑)

大涌谷では、箱根ジオミュージアム(大人100円、子供100円)を見て『黒たまご』(5個入り500円)、黒アイス(400円)を購入。

思ったより人出があったので、写真もほとんど撮れず、足早に後にしました。次回はしっかりと写真を撮りながら、ゆっくりと観光をしたいと思います。

芦ノ湖、箱根神社(九頭龍神社)

大涌谷から降り、芦ノ湖、そして箱根神社へ。芦ノ湖の無料駐車場に運よく入れ、NAロードスターを止め、箱根神社をお参りしてきました。毎年、家族で初詣をしているのですが、去年、今年はコロナ渦で初詣を自粛していました。

息子と二人しっかりとお参りをしてきました。

そして、箱根神社と言えば、インスタ映えポイント『平和の鳥居』ですよね。芦ノ湖に浮かぶ鳥居が映える。

息子と写真を撮りに行ったのですが、ここも密・・・。順番待ちが、長蛇の列だったので諦めました。息子は残念そうだったのですが、しょうがないですよね。時間はゆっくりと観光しようぜ。

芦ノ湖は標高が700m位に位置し、GW頃は少し肌寒かったりするのですが、天気も良く、暖かく絶好の観光日和でした。コロナさえなければ、とても良い観光になったと思いますが・・・。

芦ノ湖でスワンボートに乗ろうと思ったのですが、30分で1500円・・・。諦めてもらいました。

午前中は箱根、芦ノ湖をせわしなく観光して小田原へ移動しました。

ちょっと長くなってきたので、後半へ続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました