デブはモテない。なので痩せたい

スポンサーリンク

デブはモテない。面白いと言われたり、可愛いなんて言われることがあってもモテない。多様性の時代だなんて言われたり、ぽっちゃり系が人気なんて言われてもモテない。

いくら「人間見た目じゃないよ。中身だよ」なんてきれいごとを言っても、所詮、見た目で判断される。絶対にデブより痩せの方がモテる。

中にはモテるデブもいるけど、そんなデブは、カネを持っているとか、高いステータスを持っているとか、面白い話が得意とか、人が寄ってくる武器を持っている。例えば、『ドラゴンボール』屈指の愛されキャラの魔人ブウは、ただのデブじゃなくて、強い。さらに言うと魔人ブウは最終形態で痩せてしまった。ちなみに痩せて人気が落ちた唯一のデブだと思う。

ダイエットをして痩せるとモテる。高校時代の知り合いにも卒業して痩せてモテるようになった奴もいる。ただのデブが、ただの男になっただけなのに何故かモテていた。

デブがモテようとしたら何かしらの武器が必要だ。でも、モテるための武器を探す旅に出るなら、ダイエットして痩せた方がモテる。

デブがモテない理由

基本的にデブは醜いというイメージが定着している。そうじゃなかったら、世の中にダイエットサプリやダイエット器具、ライザップなんて流行っていない。別に太っていても個性と認めてくれるなら、こんなに「痩せろ」なんて情報は出回ることはない。

「ぽっちゃりも個性だよ」なんて言いながら、みんな必死にダイエットをしている。その矛盾の原因は、やっぱり心のどこかで「デブは醜い」と思っているからだ。騙されるなよ。みんな比較の対象としてデブを欲しているだけだ。自分より太っている男をみて「私の方が痩せているわ」とニンマリしたいだけ。

さらに「クサそう」と思われている。実際に痩せている人よりは汗をかくので臭う。女性はニオイに敏感だ。汗臭い男は体型に関係なく嫌われる。本来なら、女性のお肌のために潤いを与える加湿器の役割を持っているのに、ニオイのために嫌われる。

まだ冬はデブが近くにいると温かくて良いかもしれないが、夏のデブは避けられる。モテる、モテないじゃなくて、太っているだけで避けられる。一緒にいるだけで暑い、暑苦しいと思われる。ただ反論はできない。間違いなく暑い。おそらく、体重に比例してオーラのように身体にまとわりつく熱気が上がっていく。なので暑い。暑苦しい。

一番の理由は性格かもしれない

太っている男のイメージは、自分にだらしがない、我慢が苦手だと思われることが多い。確かにストイックに我慢する正確だったら、太ることはない。食欲の赴くままに好きなものを好きなだけ食べているのがデブの原因だ。

そして、身体が重いので運動するのもツラくなる。必然的に健康とはかけ離れた生活を送るようになる。外で身体を動かすことより、冷房の効いた部屋の中でスマホやPCをいじったり、インドアの趣味で楽しんだりする。オタクにデブが多いのではなくて、デブにオタクが多くなる。どっちでも良いが。。。

自己管理ができず、我慢ができない。そしてインドア。そんなイメージを持たれる。それではモテる訳がない。さらにモテないのが分かると「どうせデブだし」なんて卑屈な考え方になる。さらに陰キャに拍車がかかる。

デブがモテるためには

デブがモテるようになるには、一番手っ取り早いのは痩せることだ。痩せることでストイックな男というイメージがつくし、身体も軽くなり、お天道様の下で身体を動かすことも苦にならない。運動して汗をかいても「キレイな汗」と勘違いをしてくれる。同じ汗なのにデブの汗はクサい、スポーツマンの汗は美しいと思われる。

ただ、長年の不摂生で蓄えた脂肪はすぐに減らすことは難しい。できれば努力をしないでモテたい。なんて思っている時点でデブがデブである所以だと思う。

なので痩せたい。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました