痴漢をするやつ、マジで迷惑なんだけど

スポンサーリンク

痴漢。通勤電車で多い犯罪。女性からすると気持ち悪い犯罪ですよね。でも、僕たち男性にとっても痴漢が怖い。痴漢の被害者になる確率は低いけど、冤罪(えんざい)が怖い。「もし、痴漢と間違えられたら、、、。」なんてビクビクしている。

僕は痴漢の気持ちが分からない。女性のカラダを触っても気持ち良い訳ではないし、ましてや通勤電車で興奮しても何もある訳じゃない。マジで迷惑。女性からしたら被害者として迷惑だし、男性からしたら疑われる危険があるじゃん。マジで迷惑。誰得でもない。

『おさわり』なんてキャバクラでも禁止されているんだよ。電車で痴漢をする輩って何を考えているか分からない。

『痴漢』との遭遇

僕は社会人になって路線は変わっているけど、ほとんど満員電車で通勤している。転職や転居で通勤に使ったことがある路線は、京浜東北線、埼京線、中央線、東海道線、東急田園都市線、京急線。客先に出向くときは他の路線を使ったりするけどメインで使っていたのはこんな路線。基本的に都市部に通勤していたので満員電車。

本当にキツかったのは、埼京線と田園都市線。もう自分の足で立っている気がしない。押し寿司状態。自分の意思で行動ができない。

ドアが開く度に人に押され思ってもいないところに移動されられる。満員電車の中で結構、ハプニングが発生するですよね。ラッキーハプニングなら良いけど、そうじゃないときもある。

痴漢なんかに間違えられたらたまったもんじゃない。ニュースのテロップで痴漢の容疑者として晒されたもんなら

「あ〜、やっぱり。やると思っていた」なんて答える女子が周りにいる。それ、冗談になりませんから。

そろそろ本題に入ろう。これは僕が若かった頃の話。初めて会社を遅刻した理由が、痴漢。やった方じゃなくて、やられた方でもなくて、なんか知らないけど巻き込まれた話。

僕、痴漢に間違えられる

当時から埼京線はアホみたいに混んでいた。通勤通学でごった返している電車内は身動きも取れない状態。僕は網棚に両手をかけてみんなの体重を一手に支えていた。もう、手がプルプルしていた。当時、僕は西川口に住んでいて、赤羽から新宿まで埼京線を使っていたんだけど、事件は「池袋~新宿間」で起きた。

両手を網棚にかけ、踏ん張っていることに夢中だった。僕がチカラを抜いて諦めたら、僕に命を預けてくれている人たちが困る。こんな僕でも世の中の役に立っているなんて考えながら、必死になっていた。今考えると、ちょっとニヤついていたかも知れない。ヒーロー気分を味わっていたんです。

いきなり、隣のお姉さん(おそらく同年代)にネクタイを掴まれ「えっ?」って思ったら「痴漢」って耳元で囁かれた。お姉さんの方を向いたら、Majiでkissくる5秒前ってくらい近くにお姉さんの顔が。

(いやいやっ、両手は世界を支えるために使っています。痴漢をする余裕なんてありません。足か? 僕の「幻の左」が痴漢をしているのか?)

「へっ?!」

人間、パニくると言葉が出ません。お姉さん、耳元で囁き続けます。「スカートの中に手を入れてくるヤツがいる」そう。そのお姉さんは、スーツを着ているOLさんっぽい感じ。どちらかと言うと可愛い系、守ってあげたくなるタイプ。

(なんですとーっ)当時、埼京線に痴漢がたくさんいるとの噂は聞いていた。僕の大好きなテレビ番組の警察24時だったと思う。酒を飲みながらテレビの前で「痴漢する親父、キモっ」なんて独り言を言いながら、観ていたのを思い出す。

作戦開始

お姉さんの後ろを見るとたくさんのおじさんたちが押し寿司状態。どのおじさんが痴漢をしているかなんて分からない。ちょっと可愛いお姉さんのために、内心「面倒くせー」と思いながら、勇気を振り絞った。って言っても、犯人が分からないんだけどね。

なんとなく、僕の考えた作戦はこうだ。触られているときにお姉さんに顔で合図をもらう。そのタイミングで僕がお姉さんのお尻付近にある手を摑まえる。問題は二つ、僕は両手でたくさんの人の命を守っている。この手を離すとたくさんの人の体重が路頭に迷ってしまう。もうひとつは、失敗するとお姉さんのお尻を触ってしまい、僕が痴漢になってしまう。

お姉さんと会話をしたら、痴漢にバレてしまうかもしれない。お姉さんと話せない状態で、この作戦を成功させるのは、ミッションインポッシブル。でも、やらなければイケない。男として女子を助けるのは使命だ。なんて思いながら、チョイチョイ体制をずらし、僕の背中にかかる体重を隣のおじさんに移していく。

隣のおじさんはつり革で体重を支えていたんだけど、僕が支えていた体重を分け与えたので、窓に手をつき、つり革と窓の手でみんなの体重を支えている。頑張ってもらう。窓についているおじさんの手がプルプルしているし、座っているおじさんとの距離が近い。そっちは、そっちで興味がある。超シュール。おじさん同士がキスしちゃうんじゃないか? 耐えられるか見てみたい。

いやいや。僕には痴漢からお姉さんを救う使命がある。おじさん、頑張って。おじさんに世界を救うことを託し、僕はお姉さんのために戦うことにした。ひとりの女性のために。上手い具合に片手がフリーになった。ただ、その手は僕が信用していない右手。お姉さん側の手なので都合が良いんだけど、左利きの僕は右手を信用していない。きっとターゲットがズレてお姉さんのお尻を触ってしまう。

痴漢を確保

お姉さんを助ける準備ができたので、お姉さんに視線を送ると、お姉さんが目で合図を送ってくれた。「触られている」みたい。なのでお姉さんの腰あたりに右手を滑らし、お姉さんの暖かくて柔らかいお尻に沿って下の方に手を動かす。「あった」おっさんの手を見つけ、捕まえた。

「痴漢ですっ!!」

お姉さんの声。一瞬にして車両内に緊張感が走る。そして、なぜか視線は僕に集まる。そうだよね、無理に体制を崩し、お姉さんのお尻近くに手を伸ばす男。疑われても、しょうがない。第一印象って大事だね。

そしてあんなにギュウギュウだった電車内に余裕が生まれる。お姉さんと僕たちの周りに隙間ができる。スカートをめくられてお尻を触られているお姉さん、スカートに手を突っ込むおじさん。そして、その手を掴む僕。

見たかっ!! 僕がヒーローだぞっ!!

「犯人はこいつだっ!!」なんて、名探偵ばりに声をあげたらカッコ良かったかもしれないけど、お姉さんが「この人です」っておじさんを指さした。痴漢は逃げようとするけど僕に手首を掴まれ、正義感の強い男性陣に羽交い絞めされて、身動きがとれなくなった。

いぇーい。僕たちの勝ちっ!! 正義は勝つ!!

なんか、電車内に一体感が生まれた。僕は「兄ちゃん、よくやった」なんて肩を叩かれたりなんかして良い気分だった。

新宿駅で格闘

無事、痴漢を確保して新宿駅に着いた。もう、痴漢のおじさんは観念したのか、落ち込んでいた。僕も気を抜いていた。その痴漢、駅のホームで押さえていた人たちを振りほどき、逃走を図った。

窮鼠猫を嚙む。

いきなり逃げた。お姉さんが警察?を呼びに行っている間に逃がしてしまっては意味がない。通信教育で習得したグレーシー柔術(嘘です)で痴漢を抑え込む。必死にタックルして馬乗りになって痴漢を抑え込む。

新宿の埼京線のホームに悲鳴が上がりました。朝から大乱闘っぽい感じ。

さて、問題です。お姉さんが連れてきた警察は、おじさんに馬乗りになっている金髪の男とメガネが壊れて寝転んでいるおじさん、どっちが悪者だと思いますか?

屈強な警察官の方に「確保っ!!」なんて言われながら羽交い絞めにされる僕。「大丈夫ですかっ?」と優しく救出される痴漢。おかしくない? 僕はヒーローのハズ。警察官も勘違いするくらいだから、ホームにいる人たちも僕が悪者だと思うよね。助けて、お姉さん。。。

もちろん、お姉さんも、電車内で協力してくれた人たちも、僕は悪者じゃないって説明をしてくれました。警察の方は謝罪をしてくれたし、一件落着。

その後、お姉さんと痴漢、僕で調書?を書くために鉄道警察隊の事務所に行きました。警察の方に「今から会社?」なんて言われて、当初の目的、通勤を思い出した。なので急いで会社に電話をして遅刻することを報告。

ヒーローのハズが痴漢だと噂になる

ちゃんと事務のお姉さんに電話で伝えたハズなんだけど、会社に行くと女子社員の先輩たちが冷たい目を向けてくる。いやっ、ヒーローを出迎える雰囲気じゃないよね? とりあえず、部長のもとに行き、遅刻を詫びると、ちゃんと部長には伝わっていた。

「朝から大変だったな。よくやった」なんて褒められた。なんだ、知ってんじゃん?! そう、女子社員の先輩方は、僕を困らせようとみんなして、冷たい態度をしていたんです。席に戻ると女子社員の先輩方に「よくやった」「男の中の男」「女子の味方」なんて褒められまくりました。

ちょっと残念だったのは、痴漢されたお姉さんの連絡先を聞きそびれてしまったこと。合コンでもしてもらえれば良かったな。それくらいご褒美があっても良かったんじゃないかな。

痴漢を許すな

マジで痴漢をする変態野郎がいるから、周りの男も全員変態だと思われる。なので満員電車で女性が近くにいると「僕は痴漢ではありません」アピールをする必要が出てくる。僕には家庭もある。例え、冤罪でも、痴漢なんて疑われたら今まで築いてきたものが一瞬で崩れる。

マジ、痴漢なんて、カッコ悪い犯罪だよ。カッコ良い犯罪なんてないけど、なんか、痴漢ってみっともない。絶対に痴漢なんてするなよ。被害者の女性だけでなく、周りの男性にも迷惑をかけているんだって。

痴漢なんてしたって、自分は気持ちよくならないじゃん。それならカネを払って、イメクラ(今はないのか?)に行くとか、AVを見て気持ち良くなれば良いじゃん。本当にキモい。

ではでは。

下ネタ

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました