いじめになんか負けるなよ

スポンサーリンク

今考えると僕は中学校に上がった頃、いじめられていた。当時はヤンキー全盛期、さらに茨城の田舎ってこともあって、僕が通っていた中学校も血気盛んな先輩たちがたくさんいた。そして思春期真っ只中の中学生になると同学年でも上下関係を作りたがる。

僕の場合、当時はあまり、いじめられているという感覚がなかったので、反応が薄かったんだと思う。さらに、先輩たちや、のちに学校を締めることになった番長(懐かしい呼び方ですね)と小学校のときから仲良かったから、すぐになくなった。

僕は運が良かったんだと思う。庇ってくれる人もいたし、いじめられているのに気づかなったから悩まなかった。さらに当時のいじめって、それほど陰湿じゃなかったしね。誰が見てもイジメって分かるから、周りも助けてくれた。助けてくれるガキ大将がいたんだよね。

イジメって絶対に許しちゃいけない。

ある日突然ターゲットに

僕はあんまり、いじめられていたと言う思うではないんだけど、たまたま幼馴染の女子(立派なおばさんですが)と実家で飲んでいたときに「そう言えば、昔、いじめられていたとき助けてあげたの覚えている?」なんて言われたので、話を聞くと「うん。それ、いじめられてたんだな」と思ったんで、いじめられてたエピソードから。

からかわれた中学時代

僕は、人一倍小さく(小学校卒業当時、身長128cm)で、何をするにも他人と同じことをするのが苦手だった。なので、いつも面倒見の良い女子と一緒にいた。一緒にいたと言うより、面倒をみてもらっていた。それこそ、おばちゃん(失礼)になっても、家族ぐるみで付き合っていた女子も、そのうちの一人。

周りは思春期を迎え、身体的にも精神的にも成長をしていたんだけど、僕は小学生のまま、中学に上がったような幼い子供だった。僕の中学校は、2つの小学校から上がって1つの中学校になったんだけど、同じ小学校の人たちは、僕がそんな子供だって知っていたので、僕がそんな子でも普通に接してくれてたんだけど、もう1つの小学校から上がってきた子たちからすると、おかしな子供だったんだと思う。

だんだん、中学校でスクールカーストが生まれてくると僕は、下の下。そうだよね。当時は強い男がカーストの一番上。弱い男は必然的に下になった。小学生のときは、みんな仲良く遊んでいたのに、中学生になって思春期を迎えると上下関係が出てくる。

何をやっても上手くできず、女子たちに面倒を見られている僕なんて、格好の餌食。子供って生き物は残酷で、自分より弱いと思うと、いじめのリーダーに乗っかるように集中攻撃を浴びせる。

それも、思春期なので男女で仲良くしていると嫉妬したりするじゃん。別に僕の場合、女子とイチャイチャしていた訳ではないんだけど、ナヨナヨして気持ち悪かったんだと思うんだよね。中1の秋くらいから、同じサッカー部の仲間と女子以外から、からかわれるようになった。

あいさつ変わりに叩かれる

特に小学校が違がった子からは、よくからかわれた。あいさつ変わりにヘッドロックをされたり、体育の授業も男女別だったので「お前、こっちじゃねーよ」なんて、ハブかれたりされた。僕は冗談としか、受け止めていなかったんだけど、周りからするとイジメのターゲットにされていたみたい。

僕をいじめていた輩が机の中の教科書を隠したり、体操着を隠したりしていたんだけど、僕は忘れ物も多かったんで、特に教科書がなくても、気にしていなかった。体操着も他のクラスから借りていたしね。

でも女子たちは一生懸命、庇ってくれてたらしい。隠されたものを探してくれたり、いじめていた輩に文句を言ったり、先生にチクったり、それこそ面倒を見てくれてたっぽい。気づかなかったけど。

一度だけ歯向かった

ただ一度だけ、僕がいじめっ子にキレたときがあって、ボコボコにしてしまった。あまりにもしつこかったんで、キレてしまった。身長は低かったんだけど、運動神経は悪くなかった。その子は、僕を完全になめていたんだと思う。

そして、いつも女子と一緒にいてヘラヘラしていたから、キレるとは思っていなかったんだろうね。その日は、ひとりで帰ろうとしていたんだけどいじめっ子が2人で「今日は女子と一緒に帰らないよかよ」なんてニヤニヤして背中にドロップキックをしてきた。

いつもだったら、周りに誰かがいて、その輩に注意してたんだけど、そのときは僕ひとり。アホみたいに高笑いしていたヤツが無性に腹が立って立ち向かっていった。僕にドロップキックをした奴は頭つきで鼻血まみれ。その後も馬乗りになって顔の形が変わるくらいボコボコにした。

近くにいたもうひとりはビビッて手を出してこなかった。

いじめられなくなった

当時の男子ってメンツだけで生きていたから、スクールカーストの一番下にいた僕が歯向かっちゃったから、大荒れになってしまった。ふざけて、からかっていたみたいだったのに、明らかにいじめっぽくなってきた。僕は、いじめられてたんじゃなくて仕返しだと思っていたんだよね。それも、ひとりじゃ敵わないから、仲間を引き連れて仕返しにきたんだと思っていた。

そうなると僕の面倒を見てくれていた女子も黙っていなかった。女子同士の繋がりで先輩や同級生にも声をかけて、一気にいじめっ子の駆除にかかった。僕はサッカー部だったんだけど、サッカー部の仲間、先輩、小学校のときによく遊んでくれた先輩に女子たちが、話をつけてくれた。

って言うか、弱い者いじめをするヤツって、強い人に弱いんだよね。自分より弱いと思う人にしか手を出さない。本当にカッコ悪い。ヤンキーにも成れず、自分の居場所を見つけるために弱い立場の人をいじめる。

僕には逃げる場所があった

僕は、たまたま人に恵まれていただけで、周りにそんな友達がいなかったら、もっと大変なことになっていたと思う。僕はずっと周りに仲間がいてくれたから、いじめられてたことにも気づかず、生活が送れたんだと思う。

でも、いじめられるときって逃げ場所がないのが普通だと思う。友達、仲間ってすげ〜大事。でも、そんなのすぐにできない。裏切る奴だっているしね。なので、どこか逃げられる場所を見つけて欲しい。

いじめは当事者にしたら死活問題。これは冗談じゃなくて、いじめで自殺なんて話は昔からある。「そんなことで」なんて思うかもしれないけど、本人はツラいんだよ。いじめんなかするなよ。そして、周りにいじめられている人がいたら、助けてあげようよ。

逃げる場所になってあげよう

友達だったら、逃げる場所になってあげようよ。弱い者イジメなんてカッコ悪いだって。いじめられている人がいたら、味方になってあげる方がカッコ良いよ。自分を守りたいからなんて静観しているのもカッコ悪い。

さらに言うと、いじめられている子供の親にもお願いする。子供が「もうだめだ」と思ったときに最後に頼れるのは親なんだって。親だったらもっと子供と真剣に向き合おうよ。いじめられているなら助けてあげて欲しい。いじめられていることを恥ずかしくて、悔しくて親にも心配をかけたくなくて、伝えられない子供もいる。

毎日、子供と向き合っていれば、ちょっとした変化に気づくハズだよ。そして、話を聞いてあげて欲しい。親にまで見放されたと思ったら子供は逃げる場所が無くなってしまうんだよ。

子供の親は責任がある

我が子がいじめの被害にあったなんて分かったら、何があっても子供を守って欲しい。子供は、親に心配をかけたくない、いじめられているのが恥ずかしくて話せないかもしれない。でも、親だから気づいてあげろよ。もっと真剣に子供と向き合えよ。

親が最後の砦だからな。絶対に救ってやって欲しい。全力で助けてやってくれ。

そして、いじめている子供の親。聞け。「うちの子に限って」なんて言うなよ。お前らの教育が悪いんだからな。親の前でだけ良い顔をして、裏ではいじめをするなんて子供が、そんな性格になったのは、お前らの教育がわるかったんだからな。しっかりと責任を取れよ。

いじめられている子へ

ツラいかも知れない。でも、絶対、命を絶とうなんて思うなよ。ドコでもいい。逃げる場所を探せ。負けても良い、勝たなくてもよい。絶対に逃げ切れ。君を必要としている場所が絶対にある。

今はツラい、死にたいなんて思うかもしれない。でも、生きようぜ。そうすれば、君はとてもやさしい人間になれる。他人の痛みが分かる優しい人間になれるんだよ。今はカッコ悪くても良い、周りに助けを求めろ。友達、先生、親、誰でも良いから勇気を出して声を出せ。

いじめなんて、加害者も、被害者もどっちも気分が悪くなるじゃん。分かっているのになくならない。

世の中から、いじめが本当になくなれば良い。

子育て

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました