同じ意見のヒトが周りにいるから「自分が正しい」と思ってしまうヒトたち

スポンサーリンク

生きて行くためには周りの人と折り合いをつけて意見を合わせなくちゃいけません。自分の価値観なんて表には出さず、建前だけで生きていれば誰とも摩擦が生まれず、いつまでも安泰。

そんな訳ないじゃん

絶対にない。断言する。自分の意見を言わない人は誰からも嫌われないと思っているかもしれないけど、誰かから嫌われているんだよ。八方美人で、誰の意見にも合わせているから、嫌われる訳ない。なんてことはない。

想像しているより、人間は汚い。ドス黒い。みんな腹の中なんて真っ黒だ!!

本人を目の前にして文句は言わないかもしれませんが、裏では陰口を言われているんですよ。聖人君子ならまだしも、嫌われない人なんていない。表立って対立はしないかも知れませんが、みんな腹の中では思っていることがある。結局、この世は欲望と感情なしには生きていけません。

誰からも嫌われないようにしていても、ある人の欲望の妨げになったり、感情を逆撫する行動をとってしまったりしたら即アウト。せっかく、波風が立たないように静かに生きてきたとしても、一瞬で奈落の底に落とされる。

同じ意見の人が周りにいるから大丈夫なんて、考えていると足元をすくわれます。あなたの周りにいる人たちの意見が正しい保証はありません。

てる
てる

なんか、面倒くさいこと言ってるな

ひらめ
ひらめ

多数人の意見が正しいとは限らない

同じ意見の人が集まっているから「自分は正しい」と思うことは危険なことです。本当に、その意見が正しいかを判断することが大切です。

多数人の意見が正しいとは限らない理由

ヒトは「本音」と「建前」を使い分けて生活をしています。そして、心の中では「間違っている」と思っていても、みんなが正しいと言っているなら「正しい」のだろうと考えます。

統計をとった訳ではありませんが、全体の6割以上(半分より多いくらい)の人は「建前」で意見を言っています。もしかしたらもっと多い割合で誰かと摩擦を起こしたくないと思っている。

半数以上の人に意見がなく、実際に議論しているのは全体の2〜4割程度。その議論をしている人たちは「本音」で話しています。そして、議論を傍聴している6割以上の人たちは、どちらの意見につくかを考える。もしくは何も考えていない。

おそらく、この割合はどのコミュニティでも変わりません。

僕も自分のこだわり以外のとき、どうでも良いと思っているときは、議論に参加しないで傍観者になってしまいます。なので、意見がないヒトが悪いと言っている訳ではなく、世間はそんなモノ。

さらに人間の考え方の基本は、自分の欲望を満たす意見、感情的に嬉しい、楽しい意見を選択してしまいます。自分の意見がある場合は除き、何もこだわりがない選択は欲望と感情に左右されます。

自分がラクできる意見、得する意見に賛成する。議論に参加しない6割以上のヒトは無意識のうちに「欲望」と「感情」によって意見を選択してしまいます。その意見が、常識的に間違っていても自分に害がない方を選択してしまいます。

そして、困ったことに意見がなかった、その他大勢の人は「正しい意見だと思った」と答えます。

「空気を読む」ことに慣れている日本人は心の奥底で「違うかも」と思っても、周りの意見に合わせてしまう傾向があります。絶対に違うと思えば、反対します。でも自信がないときは、周りに合わせるのが正しいと誤解をしてしまいます。

気づいたでしょうか。これが多数人の意見が間違ってしまうメカニズム。

てる
てる

良く分からん

ひらめ
ひらめ

原因は2つ

多人数の意見が正しいとは限らない理由は2つ。

  • 人間は「欲望」と「感情」で動く
  • 空気を読んで多数側につく

正しい意見でも、自分に取って損をする場合や感情的に嫌だと思った場合は、その意見が正しいと認識することは難しい。つまり「損をしない意見」を無意識に選んでしまいます。そして厄介なことに「本人たちは欲望や感情で選択したことを認識していない

ちょっと難しいんだけど、脳が錯覚をしているので本人たちは、正しい意見を選択したと思ってしまいます。

そして「空気を読む」ことが日常になっている日本人は少数派の意見に賛同することは、ほとんどありません。

ーーー

多人数の意見が決まるメカニズムはこうだ。

  1. 正しいか、間違っているかを本気で考えているのは全体の2〜4割。
  2. 6〜8割のその他大勢を味方につけた意見が多人数意見になる。
  3. 6〜8割の人は(無意識に)自分がラクできる意見、得する意見を選ぶ。
  4. (意見を決めかねている人は)空気を読んで多人数の意見を選ぶ。

つまり意見が正しいか、間違っているかは、あまり重要ではありません。その他大勢の欲望と感情を獲得できる意見が多人数の意見になってしまいます。

てる
てる

待て待て、ヤバいじゃん!?

ひらめ
ひらめ

ヤバいんだって

例えば、ヒットラーとか独裁者と呼ばれる人は、この法則を知っているので民衆(その他大勢)の欲望を満たすことを言ったり、感情を揺さぶることを言って煽動しました。

そこまで大きな話ではなくても、どんな話し合いでも同じ現象が起きています。だから多人数意見が正しいとは限りません。間違った意見でも多人数意見になってしまうことがあります。

多人数意見が正しい訳ではない

多人数の意見が正しい訳ではありません。間違った意見でも、意見がないヒト(全体の6〜8割の人)を取り込んだ意見が多人数の意見になってしまうことがあります。そのことを認識しているのと、知らないのでは大きな差になってしまいます。

本当は、状況を確認し、自分で考え、意見を言うことが求められます。みんなが真剣に考えた多人数意見は尊重する必要があります。みんなが真剣に考え抜いた多人数意見は正しい確率が高い

ただ、その場にいる全員が真剣に考えているなんて現実的にはあり得ません。そうすると声の大きい(立場が上の)人の意見、意見のないヒトにとって魅力的(ラク)な意見が多人数意見になります。

その意見が正しいか、間違っているかは関係ありません。

ひらめ
ひらめ

何を考えていない人は危険だよ

てる
てる

無責任だな

無責任に思うかも知れませんが、全てにおいて意見を言えるくらい知識があり、判断ができる人はほとんどいません。

間違っていても多人数意見にあることは多々あります。多数決の問題点です。

正しい意見だと勘違いする人

残念なことに、多人数意見だから「自分は正しい」と思ってしまう人たちがいます。多人数意見でも間違っていることがあるのに気づいていません。

特に小さなコミュニティ、例えば会社や地域の集まり内では、多人数意見だから正しいとは限りません。

第三者から見るとキチガイみたいな意見でも本人たちは正しいと思っていることがあります。

いつになっても解決しないブラック企業問題だってそうですし、部活でのパワハラ、不祥事もそうです。ハタから見るとあり得ないだろと言うことが閉塞されたコミュニティでは平然と行われています。

おそらくですが、そんなコミュニティの中には反対意見を言うヒトがいない。または、判断意見を言っても多人数意見にはならない。

その他大勢は、反対意見に賛成することで、会社に居られなくなるとか、暴力の矛先が自分に向くんじゃないかとか、損得勘定をして損をしない意見に賛成する。

そうなると元に戻れないトコロまで転げ落ちてからじゃないと気づくことはありません。

ひらめ
ひらめ

理不尽な世の中だよ

てる
てる

そうかもな

本当に自分の意見か?

何も考えていないヒト、考えられないヒトは多人数の意見が自分の意見だと勘違いしてしまいます。そして同じ意見の人が周りにいるからと正しいと思ってしまう。

一見、多人数の意見は、正しい意見のような錯覚を受けてしまいますが、間違っていることがあります。

本当に正しいのかを判断するのは自分。他人の意見に流されていると間違った選択をしてしまうかも知れません。

目先のことを考えて、自分に取って良い意見だと思っても間違っている意見だと後々、大きな問題になりかねません。

そうならないためにも、自分の意見を持てるようになりましょう。

ーーー

マジで真剣に考えた方が良いと思う。自分に取って良いと思っても、会社の存続に関係することかも知れないし、家族や身内を不幸にする選択かも知れない。

周りの意見に流されていると気づかないことがたくさんある。

ではでは。

人間関係

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました