人間は「欲望」と「感情」で動く

スポンサーリンク

周りのヒトと共存していくために必要な能力は、他人の感情と利害を考えられる能力です。最近、流行りの言葉で言えば「空気を読むチカラ」

人間に感情もなく、欲もないなら、こんな混沌とした世の中ではありません。もっと理論勢然としていて、何でも予想通りにコトが進みます。

人間は「欲望」と「感情」で動く

「空気を読む」とは、相手の欲望を満たすこと、感情を逆撫でしないようにすること。

てる
てる

欲望と感情があるのが人間だよ

ひらめ
ひらめ

欲望と感情で動くから面倒くさい

論理的に考えて「間違いない」ことでも思った通りにコトが進まないのは、関わる人間に欲望と感情があるからです。感情と欲望があるから、正しい行動をするとは限らない。

本人は気づいていないけど深層心理では「自分に都合が良いか」を判断基準にしている。それが良いとか、悪いとかではなく、どうしても「欲望」と「感情」は抑えられない。

「欲望」と「感情」で動く

人間の行動は欲望と感情に支配されています。聖人君子でもない限り、誰にでも欲望と感情がある。そして、本人は無意識のうちに自分にとって都合の良い行動をとる。

普通に考えて「こうするだろう」と予想をしても、想定外の行動をする人が現れます。全員が正しいことをすると言うのは幻想です。

表面上は静穏で平和な世の中ですが、実際は感情と欲望に満たされた混沌としている世界。

みんな本音を話さず、建前として「正しいことをします」なんて言っていますが、フタを開けてみると内心、ラクしたいとか、やりたくないと思っている。

ただ世間体があるので、感情と欲望を隠している。さらに多くの人は「この先どうなるか」と言う想像力が欠落しています。なので、自分に火の粉が降りかかるまでは他人事として受け止めている。

世間的に正しいか、悪いかが判断基準ではない

てる
てる

そんなことないだろ

ひらめ
ひらめ

ラクしたい、損したくないんだよ

誰も損はしたくない

本来は「正しいこと」をするのが人間だと思います。でも、間違ったことを選択してしまう。しっかりと先々のことを考えて真剣に考えている人は全体の2〜4割しかいません。残りの6〜8割は何も考えていません。そして、考えていない人は「欲望」と「感情」で選択します。

正しいか、間違っているかではなく、損をしない方、ラクが出来る方を選択してしまいます。困ったことに本人たちは気づいていないこともあるので厄介。「自分はちゃんと考えた」と勘違いをしています。

「空気を読む」のが上手い人は、相手の欲望と感情を察知する能力が高い。それが先天的なのか、努力をして能力をあげたのかは別にして、相手の損得を考えられる人、感情を逆撫でしない人は「空気を読む」能力に長けています。

みんなが論理的に考えて、感情も欲望もなければ「正しいこと」をするハズですが、そうならないのは「欲望」と「感情」があるから。誰も損をしたくないし、苦労をしたくない。だからラクな方に流れていく。

感情と欲望を晒すのはアホ

人間は感情と欲望に支配をされているけど、感情や欲望を晒すのが恥ずかしいことだと教育を受けてきました。何故かと言うと、みんなが本音で「感情」と「欲望」を全面に出して生活をするとカオスになってしまうから。

なので「感情」や「欲望」を押し殺して生活をしている。感情や欲望を丸出しで生きていると「社会不適合者」とレッテルを貼られて生活をしていくことが難しくなる。

てる
てる

そうだな、我儘だと思われるな

ひらめ
ひらめ

(感情と欲望は出した人の勝ちだよ)

それはそうですよね。みんながやりたくないと思っていることを「やりたくない」とか「やっている奴はバカだ」とか言われると誰でも腹が立ちます。なので建前上、感情と欲望を抑え込む。本心では思っていても、口に出さず、必死に堪えています。

でも深層心理では、どうしても「感情」と「欲望」が生まれています。なので判断をするときに自分に都合の良い方を選択してしまいます。正しいか、間違っているかではなく、自分の都合の良いことをしてしまいます。

ただ、僕は「感情」と「欲望」を丸出しにしている人に憧れます。「感情」があるから、みんな熱くなれるし、「欲望」があるから文化や技術が発展してきました。

「ああしたい」「こうしたい」「やりたくない」と言う欲望ってヒトとして成長するためには絶対必要なんだと思います。そして周りの人から協力を得るためには「感情」をさらけ出し、感情に訴えるしかありません。

「感情」と「欲望」を味方につけよう

結局、人間同士が生活をしていくためには協調性だなんだと言われますが、その協調性も相手の「感情」と「欲望」を満たすことが目的です。みんなが「幸せな世の中」なんて絶対になくて、誰かの感情と欲望に合わせて、そのヒトの基準での幸せな世の中になります。

例えば、ブラックな会社でも良い会社だと思ってしまうのは、そこで働いている人の欲望を満たし、感情的に問題がないからなんです。ハタから見るとブラックでも中にいる人は、そうは思っていない。だから「良い会社」だと思ってしまう。正しい、健全な会社を目指すならブラックな企業なんて生まれる訳がありません。

誰かの「感情」や「欲望」を満たすための行動をしているから、間違っていても突き進んでしまいます。会社でいれば経営者の欲望、感情を満たすために全社員が行動をする。経営者は、自分の欲望を満たす人を評価する。評価された人はお金という対価やステータスを得て欲望が満足される。

ひらめ
ひらめ

洗脳と言うか、価値観の書き換えが行われているんだよ

てる
てる

そうなのかっ?

ひらめ
ひらめ

「正しい」ことじゃなくて「会社のために」は価値観の書き換えが起こっている

会社勤めが長いとその会社の考え方が「正しい」と勘違いをしてしまいます。その行動は会社(経営陣)の感情と欲望を満たすためであっても、そこに属している人は正しいと思ってしまいます。会社が正しいと言っていることをすることで給料がもらえる(欲求を満たす)し、余計なことをして怒られることはない(感情的にラク)

そうやって価値観が書き換えられていき「正しいか、間違っているか」の判断ができなくなってきてしまいます。ちょっと話が逸れてきたので、価値観の書き換えについては別記事でまとめます

何が言いたいのかと言うと「誰かの『欲望』と『感情』を満たすために周りの人が行動をする」のが世の中だと言うこと。みんな誰かの欲望と感情を満たすために生きることが正しいと教えられてきたので、誰も疑っていません。

逆に言うと、その『誰か』になれば、あなたの「欲望」と「感情」を満たすために周りの人は協力をしてくれます。感情や欲望を晒すことは恥ずかしいだと認識をしていると誰もあなたの「感情」や「欲望」に気づかず、協力が得られないと言うことです。

人間は良いか悪いかで判断をしてはいません。多くのヒトは、自分に都合の良いか悪いかが判断基準。

人間は「欲望」と「感情」で動く

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました