妖艶で美しいロータスロードスターが欲しい

ロードスター
スポンサーリンク

(マツダレストアサービス公式から引用)

クルマって男の憧れですよね。特に昭和生まれの男性は「車はステータス」なんて思う人も多いと思います。

古い考えなのかも知れませんが、良いクルマを見かける羨望の眼差しを送ってしまうと言うか、軽い嫉妬を抱いてしまう。しがないサラリーマンの僕としては絶対に手に入れられないような高級車や家庭持ちの僕からすると実用性のないスポーツカーに乗っている人の高いステータスに圧倒されてしまう。

僕は昭和の終わり〜平成の初め、クルマが男のステータスだった頃に多感な思春期として過ごした。高校の先輩たちは卒業と同時に身の丈に合わないスポーツカーを手に入れ、わざわざ僕たちに自慢しにきてくれた。

そして、純粋で影響を受けやすい僕は、そんな先輩たちのクルマを見て「絶対に僕もクルマを買うぞ」と心に誓ったのだ。

平成〜令和のクルマたち

僕がクルマに興味を持ったのは、平成の初期、1990年代だった。当時は令和の現代ほど安全性能や排ガス規制などが緩く、そして、バブル絶頂期で、今では考えられないクルマ作りがされていた。

そして、クルマの楽しみ方も今とは違い、ドレスアップという名のヤンチャ仕様の車、爆音で駆け抜ける走り屋仕様、みんなの個性が爆発していた時代。

当時は、スカイライン、シルビア、180SX、シビックtype R、インテグラ、RX-7・・・。今でも語り継がれる名車が多かった。日本の車産業の全盛期だったと思う。

妄想を膨らましていた僕は、車を手に入れたい、車を手に入れなければ彼女もできない。男として車が無ければ価値がないという偏った価値観のもと、毎日のように「カーセンサー(雑誌)」をコンビニで立ち読みし、バブリーでカッコ良い先輩たちに追いつこうと必死だった。

思い出バイアスを差し引いても、あの頃のクルマたちは今でも色褪せることなく、中古車価格もアホみたいなプレミアがついて当時の新車価格より高くなったりしている。マジかっ。

ナンパ仕様のロードスター

当時の男たちは、誰も彼もが速いクルマ、性能の良いクルマが正義だと思っていた。プレーステーションで『グランツーリスモ』にハマり、湾岸ミッドナイトの『悪魔のZ』やイニシャルDの『豆腐屋のハチロク』に憧れをもっていた。

そんな中、速くもなく、2シーターでオープンカーの『ユーノスロードスター』は異色なスポーツカーだった。はっきり言って、バリバリ走るクルマではなく、ナンパな乗り物のような印象だった。なので見向きもしなかった。

でも令和の現代、40代後半になり、人生の折り返し地点を迎えると「ユーノスロードスター」妖艶なデザインに惹かれ始めた。

ユーノスロードスターの魅力

車好きなら知らない人がいないと思うので、ロードスターの性能、スペックについてはここでは紹介はしない。あの妖艶な、日本車ではないような美しくエロいデザインについては別の記事で。

そもそもライトウェイトスポーツカーという冠を持っているけど、決して速くはない。速く走るためのエンジンを積んでいない。令和時代のクルマの方が性能が良い。でもユーノスロードスターの唯一無二のデザインのクルマは令和時代では作れないのだ。

令和の現代でもモデルチェンジをしながら新車販売をされているロードスター。2021年現在でも、4代目のロードスターを手に入れることができる。初代のユーノスロードスター(NA系)から一貫して、2シーターオープンのライトウェイトスポーツカーとして生産されている。

初代のロードスターが欲しい

最近のロードスターも賛否両論はあると思うけどカッコいい。マッチョで流れるような車体は見ていて惚れ惚れする。そのマッチョなNDロードスターの屋根を開け、助手席に綺麗なお姉ちゃんを乗せて走る僕の姿が想像できない。

NDロードスターは、カッコ良すぎるんだ。隙がない完璧な女性のように近寄り難く、小心者で自分に自信がない中年のおじさんには手が出しにくい。僕のイメージだけど、付き合うことを妄想するんだけど、手を出せない高嶺の花、見ているだけで幸せな女優さんやモデルさんと一緒なのだ。

初代ロードスターは美しいんだけど、どこか牧歌的で懐かしく、学校にいた憧れのクラスメイト。そして、リトラクタブルヘッドライトを開くと違う一面が見れる、頑張れば手に入れられるそんな存在。

手に入れる最後のチャンス

初代のロードスターは、発売されて約30年経ったんだけど中古車として手に入れることが可能です。ただ良い状態の個体が少なくなってきたのと、そろそろ旧車の域に入りはじめ、じわじわと値段が上がりはじめています。

程度の良いロードスターだと200万円を超えている車体なんかも、チラホラと見かけるようになってきた。ちなみに2021年3月の平均価格は129.7万円。ギリギリ手が出せる金額だと思いませんか?

もちろん、古いクルマなので買ってノーメンテナンスで乗り続けることは無理だと思います。手間もお金もかかるのを承知で、ガソリン車の終焉まで乗り続けたいと思うクルマです。

家族持ち、子育て中のサラリーマンには必要のない100%趣味の車ですが、どうにか家族を説得し手に入れたい。

とりあえず、中古車サイトをめぐるる日々を過ごしたいと思います。予算100万円、仕上げに50万円で思い通りのロードスターにできる個体を探します。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました