人間関係

スポンサーリンク
人間関係

戦わないといけない理由

僕はどちらかと言うとヘラヘラしてこだわりなんて持っていないように見せて生きている。でも実はかなり『こだわり』が強い。 なので多くの人と対立もするし、仲間にもなれるんだと思う。そして、負けず嫌い。 (自己分析はできている) ...
人間関係

レベルが違う人と意識を合わせるのは難しい

他人に自分の思いを伝えるのって凄く難しい。それも僕に対するイメージが悪い人には絶対に伝わらない。僕を知っている仲間には簡単に伝わるんだけど、同じ言葉を伝えようとしても全然理解してもらえない。 勝手なイメージで「裏ではこんなこと考えて...
人間関係

本音を言わない人は信用できない

誰かと仲良くなりたかったら、正直に話す方が良い。本心を隠す奴は信用ができない。 上っ面の言葉で社交辞令のような話しかしない人って信用できない。 僕は、本音を隠す人は信用できない。言いたいことを言い合ってこその信頼だと思う。本音...
人間関係

責任転嫁する人が許せない

僕は「自分で考えて、自分で行動し、自分で責任を取って生きる」ことを目標にしている。どうしても他人に頼ってしまうんだけど、そこは許して欲しい。 『自己責任論』じゃないけど、行動に対する責任は取るのが人間じゃん? だから僕は言い訳...
人間関係

他人なんかどうでも良い。無関心になりたい。

現代の日本で、上手く生きて行くためには他人と共存していかないといけない。でも、他人との距離感とかって難しくて、関わりすぎると疲れてしまう。 他人なんかどうでも良いと考えた方が、人生がラクなんだよ。 他人が自分をどう思っているの...
人間関係

ドライブデートの思い出

90年代の話。当時、クルマを持つことが男のステータス。乗っているクルマでランクが決まっていた。 スケベ心で生きていた僕も例に漏れず、女の子を助手席に乗せることを夢見ていた。クルマがないとモテない。 実際はそんなことないんだけど...
人間関係

空気が読めない。読む気がない

いつの間にか、空気を読まないと白い目で見られるような世の中になってきたよね。と言うか、ずっとそうだったのかもしれないけど。僕が育った昭和の終わり、平成の初め頃までは、空気を読まなくても、周りに人が集まってくれてた。 僕は空気が読めま...
人間関係

良い人だと思われたくない

都会で生活をして、広く浅い人付き合いにも慣れて、都会人とだと認識をされるようにもなった。それも小さい器の僕が都会で生き残るために身につけた生き方。誰かの色に染まりたくないから、おちゃらけている。 僕の場合、ちょっと気を抜くと「正論」...
人間関係

リモートは便利だけど直接会うことも必要だよ

最近、人と人の繋がりが弱くなってきた。元々、都会の人は他人との繋がりが希薄なのかもしれない。だけど、茨城の田舎で育った僕からすると寂しい。 僕は人一倍、他人に支えられて生きている。ひとりで生きてなんか行けない。もちろん、他人との関係...
人間関係

年下女性からタメ口は脈ありなのか?

女性にタメ口で話されると、それだけでドキッとしますよね。「もしかして俺のこと好きなのか?」なんて思い、ニヤついてしまいます。いつも女性を追いかけていた僕は、タメ口ってだけで勘違いをしてちゃう。 普通に考えて、恋愛感情があってもなくて...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました