横浜のイメージは横浜駅周辺ではない

スポンサーリンク

僕は10年以上、横浜にある会社にお世話になった。茨城出身の僕からすると横浜民は、他の人たちとは違っていた。横浜民は出身地は「横浜」住んでいる所は「横浜」と答える。

「どこから来たの?」の回答が「横浜ですよ~」と答える。僕の感覚では「神奈川」と答えるのが普通だと思うけど、横浜民は臆することもなく「横浜」と答える。それだけ横浜にプライドを持っているようだ。

そんな横浜民、横浜という土地について書いてみる。

横浜駅は「横浜」じゃない

横浜駅に初めて行ったときのイメージだけど、横浜じゃない。全国の人が持つ横浜のイメージは海があって、おしゃれなイメージだと思う。赤レンガ倉庫、大さん橋、レインボーブリッヂ。。。そんな海の街をイメージして横浜駅を降りると大惨事になる。

頭の中の横浜のイメージとはかけ離れたどこにでもある都会の街があるだけだ。いや都会なんだよ。都会なんだけどイメージとは違う。港町のイメージは全然ない。県庁の最寄り駅も横浜ではない。

横浜の駅の周りには観光地はない。これは焦る。もし、初めて横浜デートを考えているなら、横浜駅では降りてはダメ。桜木町や関内まで移動してください(笑)

横浜駅周辺は地方都市

相鉄口~運河までは汚い下町だし、イメージの横浜とは違う。買い物をするには良いと思うけど、おしゃれなデートの横浜じゃない。赤レンガ倉庫もないし、港も、山下公園も、中華街もない。地方都市と変わらない。

横浜駅の繁華街というか、メインストリートは相鉄口側に広がっている。今は東口もおしゃれな「BAY QUARTER」があるので人の流れが変わっているけど、繁華街は相鉄口だと思う。西口~北西口もチェーン店の飲み屋、鶴屋町と言った飲み屋街がある。

地元の若者とか、サラリーマンとかが飲んだり、買い物をするような街。

行くたびに変わる駅周辺

横浜駅は1年間行かないと全然変わってしまう。僕が通っていた10年はドコかを工事をしていた。工事をしているので、通路がコロコロ変わる。そうじゃなくても改札口がたくさんあるし、乗り入れている路線もJRの他に、京急、市営地下鉄、東急があるので、しばらく訪れないと迷子になる。

はじめて行く場合は覚悟をしていった方が良い。さらに東口、西口には地下街があり、その地下街も迷路のようにごちゃごちゃしている。僕も慣れるまでは、地下街をあるくのが怖かった。思ったところに出れない。

桜木町~関内が横浜

おそらく横浜のイメージに近いのは、桜木町~関内だと思う。日本丸、赤レンガ倉庫、山下公園、大さん橋、横浜スタジアム、横浜中華街などなど横浜のイメージとして使われるのは、桜木町~関内だ。

横浜駅からは電車で数分だけど歩いては行けない。歩けなくはないけど結構な距離がある。デートだったらケチらずに桜木町まで電車で移動して、桜木町~赤レンガ~山下公園、マリンタワー、中華街コースがおすすめ。

なんで、こんなアドバイスをするかと言うと僕が初めて横浜デートをしたときに大失敗をしたから。大学時代(20年以上前)に田舎者同士で横浜に行って散々だった。今ならググれば良いことも当時は調べられなかった。

横浜市民は「横浜」ブランドが好き

僕は横浜に住んだことはないんだけど、横浜に10年以上仕事のために通っていた。横浜市民と一緒に仕事をすることが多かったんだけど、なんとなく横浜市民は「横浜」ブランドに自信を持っていた。横浜市民と一緒に地方へ出張に出かけると「横浜から来ました」アピールが凄い。

僕の感覚では「神奈川から来ました」と答えるところを「横浜から来ました」と答える。なんか「神奈川の他の地域とは一緒にしないでくれ」アピールのように感じる。いや、横浜は凄いよ。都会だし、おしゃれ。でも、普通、神奈川じゃない?

僕が横浜で一番ビックリしたこと。

ではでは。

茨城愛

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
スポンサーリンク
酔蛙戯言

コメント

タイトルとURLをコピーしました