100記事記念

スポンサーリンク

2020年の5月末に立ち上げたブログもこの記事で100記事目。何も考えずに思ったことを書き綴っているのであまり苦にもならず、記事を投稿しています。

3.5ヶ月で100記事ということは、1日に1記事ペースで投稿をしている。1日に何記事も投稿したときもあるし、何も書かない日もあるけど、結構、突っ走っている方だと思います。

困ったことに書き殴っているだけでリライトなんかもしていない。

SEO的にも弱い雑記ブログだけど少しずつGoogle経由でのアクセスも出てきました。

なかなかアクセスが集められていませんが、それでもブログを続ける意味があります。それは。ブログを書くことで僕の考え方がまとまること。

ブログを書くメリットっていくつかあると思いますが、僕にとって一番のメリットは書くことで、考えがまとまることです。コロナ渦で飲み屋に行って愚痴ることも少なくなったしね。アウトプットって大事です。

実験的にテーマも決めずに雑記で書き綴ってきたブログですが、そろそろ、方向性を決めようかと思い始めました。

誰も期待をしていない雑記ブログですが、まだまだ突っ走ります。

100記事目で思うこと

取り止めもなく書き綴っているブログなんですが、書くネタとして愚痴が一番ラクです。おそらく僕の中に溜まっていることをブログの記事にすることでかなりのストレス解消になっています(笑)

なので、ブログを読み直したくないんですよ。負のイメージを受ける。なので、他人が読んでも面白くありません。

読んで元気になるような記事は少ない。本当にストレスが溜まっていたんだろうね。ちょっとずつリライトして役に立つブログにしていくものアリだと思う。アクセスがない記事を削除したり、リライトしたりしてね。

でもさ、なんと言うか僕が生み出した記事なんで、クソみたいな記事でもそれなりに愛着があるんですよ。なので削除するのも惜しいんだよね。

でも、ブログを始めた頃の記事を見ると本当に残念な感じを受けるんですよ。夜中に書いたラブレターを朝、見返して「これはないな」って思った中学時代を思い出しました。

とりあえず、僕の中でブログに対する考え方が、始めたときとは違ってきた。誰に読まれなくても良いなんて思いで始めたんですが、誰かに読んでもらいたいって色気が出てきました(笑)

結構、孤独なんですよ。寂しい。誰かに絡んで欲しい。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました